Windows Android Subsystemに簡単にAPKをインストールできる「WSA_Pacman」

以前の記事で、Windows 11標準のAndroidエミュレータである「Windows Subsytem for Android」にAPKをインストールできる方法を紹介しましたが、これはADBコマンドでのインストールとなるため、少し面倒です。

今回は、そのAPKのインストールをドラッグ・アンド・ドロップだけで可能にしてくれる便利ツール「WSA_Pacman」を紹介します。

目次

ダウンロード

「WSA_Pacman」は、Githubにてリリースされています。

GitHub
Releases · alesimula/wsa_pacman A GUI package manager and package installer for Windows Subsystem for Android (WSA) - alesimula/wsa_pacman

「インストール版」と「ポータブル版」がリリースされています。

両者の違いはほぼありませんが、インストーラー版は、自動で「.apkファイル」への関連付けなどを行ってくれます。迷ったらインストーラー版を選びましょう。

スポンサーリンク

事前準備

WSAの設定/起動

まずは、Windows Subsytem for Android(以下:WSA)の設定を行います。

Windows 11のスタートメニューから「Windows Subsystem for Android」をクリックします。

まず、「開発者モード」を有効化し、「ファイル」の右のボタンをクリックしてWSAを起動します。

これで準備が完了です。

APKのインストール手順

WSA_Pacmanの使用方法は至って簡単。

APKをドラッグ・アンド・ドロップ

WSAにインストールしたいAPKファイルを、「WSA_Pacman」にドラッグ・アンド・ドロップします。今回は「Smart YouTube Next」をインストールします。

すると、以下のような画面になるので、「Install」をクリックするだけでインストールできます。

これだけで完了

これだけでAPKのインストールが完了し、スタートメニューに追加されます。

あとはクリックすれば起動できます。

スポンサーリンク

その他機能

アプリ一覧/設定を開く

普通に「WSA_Pacman」を起動すると、以下のような画面になります。

この画面の下部にある「Manage Applications」「Manage Settings」というボタンは、それぞれAndroidの設定画面を表示できるショートカットとなっています。

Manage ApplicationsManage Settings

設定

いくつか設定項目も用意されています。

設定項目説明
Autostart WSA Before InstallationAPKインストール時に自動でWSAを起動
Theme modeテーマの変更が可能(システム連動/ライト/ダーク)
Windows transparency画面の透過エフェクトを設定可能
Adaptive icon Shapeインストール画面で表示されるアイコン形状を変更可能
※インストール後のアイコンは変化しません

【ポータブル版】.APKのデフォルトアプリに設定する

インストーラー版では自動で行ってくれるので不要です。

Windows側で設定を行うことで、APKファイルをダブルクリックするだけでインストール画面を表示させることが出来ます。

設定手順

何でもいいので、APKファイルを右クリックし、「プログラムから開く」をクリックします。

いくつか候補が表示されますので、「その他のアプリ」→「このPCで別のアプリを探す」をクリックします。

あとは「WSA_pacman.exe」を選択すればOK。

ダブルクリックするだけでインストールへ

これで以下のようにアイコンが変化し、ダブルクリックするだけでインストールが可能となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる