厳選アプリ集

【厳選】絶対に試してみるべき”野良アプリ”6選!+インストール方法

スポンサーリンク

使用している野良アプリが最近増えてきたのでまとめてみました。
Android使用歴8年のベテラン(笑)が厳選に厳選を重ねたアプリ達です。

Google Playにあるものは除いているので数がかなり限られますが、どれも神アプリ揃いなのでぜひ試してみてください。
こんな事もできるのがAndroidの醍醐味だと実感できると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野良アプリとは

この記事を閲覧していただいているということはもうご存知かもしれませんが、
Androidにおける野良アプリは「APK」というファイル形式で配布され、GooglePlayに公開されていないアプリのことです。

野良アプリは、GooglePlayでは公開できない「広告ブロッカー」や「YouTubeのダウンロード」アプリ、更には純正のアプリの改造版など、様々なアプリが公開されています。

その反面、GooglePlayでの審査やセキュリティチェックがされていないため、安全かどうか、自分で確かめる必要があります。
今回の記事で紹介しているアプリはすべて「Virustotal」でウイルスチェックを行い、安全が確認できたものです。

※APKのインストールには設定が必要になりますので、こちらの記事から設定を行っておいてください。

404 NOT FOUND – SMART ASW
ガジェット/アプリ/カスタマイズを扱うブログ

Androidはもちろん、FireOSでもOK

Androidのスマホやタブレットはもちろん、FireOSでもAPKをインストールするだけで使えます。

スポンサーリンク

おすすめアプリ一覧

YouTube Vanced

このアプリは、公式のYouTubeアプリを改造したもので、使いやすいUIはそのままに、以下のような機能が追加/有効化されています。

・YouTubeの広告をすべてブロック
・バックグラウンド再生
・VP9コーデック、またはHDR機能を強制的に有効化/無効化
・端末によって指定される最高解像度を上書き
・ピンチでズームをすべての機種で使用可能
・キャスト機能(Chromecast)のマークの非表示機能(設定より可能)
・テーマの切り替え
・Picture in Picture(PiP)機能※Android8.0以降のみ
・動画を最小化した状態のUIを旧/新バージョンに変更可能※
・リピート機能(バックグラウンド時のみなどの設定も可能)
・画質と再生速度のデフォルト値の変更
・バッファに関する値変更
・スワイプで輝度・音量調整

YouTube Vancedの説明及びダウンロードはこちらの記事から

「YouTube Vanced」の導入手順 & 各種設定/機能の解説
「YouTube Vanced Edition」は、YouTubeアプリの改造版アプリで、YouTubeに機能を追加し、広告を削除したことから、「YouTube+Advanced-Ad=YouTube Vanced」となっています。バックグ

YouTube Music Vanced


YouTube Musicの広告削除版です。「一時保存」機能は使用できませんが、バックグラウンド再生もきちんと使用できます。YouTube Vancedと違い、追加機能はほぼないのが残念ですけどね。

404 NOT FOUND – SMART ASW
ガジェット/アプリ/カスタマイズを扱うブログ

YMusic


YouTubeの音楽を再生することに特化したアプリ。YouTubeアプリの「共有」ボタンからバックグラウンド再生を始めることもできます。そして、YouTube Music Vancedとの違いはダウンロード機能。プレイリストを根こそぎダウンロードしたり出来ます。GooglePlayにないのはほぼ確実にこれが理由^^;

YouTube Music Vancedと役割がかぶりますが、どちらも使い勝手が異なるのでどちらも使ってみるのがおすすめです。

ダウンロード及び使い方はこちらの記事から

404 NOT FOUND – SMART ASW
ガジェット/アプリ/カスタマイズを扱うブログ

Videoder


Videoderは非常に多くのサイトに対応したダウンローダーです。そして、動画単体だけでなく、プレイリストの一括ダウンロードも可能です。マルチタスクでの並列ダウンロードも可能なので、ダウンロードも超高速です。

対応しているサイト

※対応していない場合でも、一部ダウンロードできる場合もあります。

・YouTube
・Instagram
・Musical.ly
・Facebook
・Cruncyroll
・SoundCloud
・Twitter
・DailyMotion
・Vimeo
・FMovies
・9anime
・9Gag
・FunnyOrDie
・Vid.me
・Vine
・VK
・LiveLeak
・IMDB
・Ted
・AudioBoom
・Rutube
・Hotstar
・Voot
・TVF Play
・SonyLiv
・Viu
・Youku

対応ファイル形式

ダウンロードした動画を以下の形式へ変換することも可能です。

音楽ファイル
・M4A(128Kbps)
・MP3(160Kbps)
・MP3(128Kbps)

動画ファイル
・MP4(1080p、720p、480p、360p、240p)
・3GP(180p、144p)

はい。要はとんでもなくすごい動画ダウンローダーです。ダウンロード及び詳細は以下から

404 NOT FOUND – SMART ASW
ガジェット/アプリ/カスタマイズを扱うブログ

Virtual Xposed


Virtual Appという技術を用いて、Root化、TWRP、BLUなど、面倒な手順を一切不要にしたアプリ。
Virtual Appというのは簡単に言えばAndroid上で更に仮想でAndroidを動かすものと思ってください。その仮想Androidの中でXposedモジュールおよびそれを反映したアプリが動作します。
本当に簡単に説明するのが難しいので、記事を読んでもらえたらと思います。動作する(というよりは意味がある)モジュールも限られるので用途によっては化けるアプリです

404 NOT FOUND – SMART ASW
ガジェット/アプリ/カスタマイズを扱うブログ

LINE Lite


その名の通りLINEアプリの軽量版です。本来これは野良アプリではなく、GooglePlayにもあるのですが、日本ではインストールができません。
しかし、APKでのインストールを行い、使用することはできるため、野良アプリとして扱っています。

このアプリの良いところは、無駄な機能(タイムライン/ニュースなど)がほぼないこと。そして必要な機能はほぼ全て搭載されているということです。トークはもちろん、スタンプも使えますし通話もできます。

そして、通常版「LINE」と組み合わせることでスマホとタブレットで同時ログインも可能。
デメリットはトーク履歴のバックアップ・復元機能がないことくらいです。

使える機能や使えない機能、及びダウンロードリンクは以下の記事にまとめてあります。

404 NOT FOUND – SMART ASW
ガジェット/アプリ/カスタマイズを扱うブログ

AdGuard

名前の通り、広告をブロックするアプリ。
ローカルVPNを立ててそこにAndroid端末を接続させることで広告をブロックします。無料版はブラウザ(Chromeなど一部の対応ブラウザ)の広告のみカット可能。無料版で使うとなると少々貧弱なんですが、有料版では最強の出来です。

他のアプリ内の広告も非表示にするにはライセンス購入が必要です。
ライセンスは公式サイトで購入が可能で、値段は2000円程度とそこそこしますが、機種変更などにも対応し、ずっと使えます。
複数のライセンスを購入する場合は安く購入でき、私が4ライセンス購入したときは6088円でした。

無料版のダウンロード、ライセンスの購入は以下から行えます。

本格的にAndroidで広告をブロックするのは【 AdGuard 】
AdGuardは、Androidのアプリやブラウザの広告をブロックし、プライバシー保護やアプリ管理をサポートするユニークな広告ブロックツールです。
スポンサーリンク

以上

いまのところ使用している野良アプリはこのくらいです。
他にもおすすめがあればコメント欄に書き込んでいただけるとありがたいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

  1. Adguardは、無料版はダメダメなので、オープンソースのDNS66がいいと思います。

  2. Adguardは、なんJ改修フィルターを使えばアプリの広告もブロックできるのではないのですか?

    • 勘違いされているようですが、無料版では、アプリの通信にフィルタ自体が適用されないということです。フィルタの内容は関係ありません。

  3. https://f-droid.org/en/packages/org.jak_linux.dns66/
    こちらのDNS66なら、無料でブラウザ以外の広告もカットできますよ

    • せっかくコメントいただいたのに申し訳ないですが、DNS66はSSL通信に対応していないために、ブロックできる広告が限られるので個人的にはあまりおすすめできないです。

      • SSLというか、HTTPの通信を読む機能が無いからですね。シンプルにDNSリクエストをはじくだけの仕様です。
        DNS66の利点はオープンソースなことと電池に優しいことですかね。ライトに広告ブロックしたいだけならむしろ有力な選択肢だと個人的には思います。

  4. Adguardは設定変えれば他のアプリの広告もカットできますよ。YouTubeはvancedじゃないと広告カットできませんけど。

  5. 何度も参考にさせてもらってます!
    ありがとうございます!
    これからも頑張ってください!

    • ありがとうございます

  6. このサイトを見ていなければ僕の人生はどれだけつまらなかったことか…
    ありがとうございます!頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました