Windows 11 Android SubsystemにAPKをインストールする方法

Windows 11 Insider PreviewでついにAndroidエミュレータが使用できるようになりました。ただ、基本的にインストールが可能なのはAmazon AppStoreの一部アプリに限られています。

ただ、エミュレータとはいえAndroidなので当然APKのインストールも可能となっています。今回はその方法を紹介します。

なお、Android Subsystemは以下の記事の方法でWindows 11のバージョンを問わずインストールすることが可能です。

あわせて読みたい
Windows 11 Subsystem for Androidを手動でインストールする方法【地域設定/更新不要】 先日公開された「Windows Subsystem for Android」ですが、現時点ではWindows 11 Insider Preview版で米国設定となっている場合にのみインストールが可能となっています...
目次

ADBコマンドを使えるようにする

今回の手順では、ADBコマンドを使用してAPKのインストールを行います。このため、パソコンでADBを使用で切るようにする必要があります。まだの方は以下の記事を参考に導入しましょう。

あわせて読みたい
Windows 10/11でADB/Fastbootコマンドを簡単に導入する方法+よくあるQ&A Windows環境でADBを簡単に導入する方法と使い方を紹介します。同時に「fastboot」コマンドも使えるようになります。 ADB/Fastbootのファイル、およびUSBドライバを「And...

スポンサーリンク

APKのインストール手順

開発者モードを有効化

Windows 11のスタートメニューから「Windows Subsystem for Android」をクリックします。

設定画面が表示されますので、「開発者モード」をオンにします。

これですぐ下にIPアドレスが表示されますので、「コピー」をクリックします。

IPアドレスが「利用不可」となっている場合

Android Subsystemでアプリを一度も起動していない場合、IPアドレスが「利用不可」となっていると思います。

この場合は、適当なアプリ(Amazon App Storeなど)を起動した後、再度設定画面を表示すれば表示されるはずです。

※Amazon App Storeがない場合は、設定内の「ファイル」をクリックすればOKです。

LAN経由でADB接続

次に、スタートボタンを右クリックし、「Windowsターミナル」を起動します。

起動したら、以下のコマンドを入力し、最後にスペースを一つ入れて先ほどのIPアドレスを貼り付けます。

adb connect 

実際に実行すると以下のように「connected ~」と表示されます。

ADBコマンドでインストール

ここまでくれば通常のADBコマンドでOK。以下のコマンドを入力し、最後にスペースを入れた後にインストールしたいAPKをドラッグアンドドロップします。

adb install 

これをEnterで実行すればインストールが実行されます。インストールが完了していれば、スタートメニューに表示されます。

もちろん正常に動作します。

ストアアプリを導入すれば単体でアプリ追加が可能に

Androidのアプリストアアプリである「APKPure」「Aurora Store」「YalpStore」などをインストールしてしまえば、あとはSubsystem単体でアプリの追加が可能となります。

ほかにも、Chromeなどのブラウザを導入してそこからAPKをインストールすることも可能です。

現時点ではクラッシュしてしまうアプリも多く、実用には程遠いですが、同じくAndroidアプリが動作するChromebookの存在価値が揺らぎそうです…。

スポンサーリンク

GooglePlayはAPKの導入だけでは動作しない

Fireタブレットなんかだと、GoogleサービスをAPKでインストールするだけで動作したりしますが、Android Subsytemではクラッシュしてしまい動作せず。

ただ、手間こそはかかるものの、以下の記事の方法で導入が可能です。

あわせて読みたい
Windows11 Subsystem for Androidに「GooglePlay」を導入する方法 「Windows11 Android Subsystem」に早くもGAppsを導入する方法が出てきたので紹介します。なお、正確に言うと、GAppsを導入したAndroid Subsystemをインストールする、...

【追記】簡単にAPKをインストールできるアプリがリリースされました

通常のAndroidのように、APKファイルをダブルクリックするだけでインストールが可能な「WSA_pacman」がリリースされました。以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
Windows Android Subsystemに簡単にAPKをインストールできる「WSA_Pacman」 以前の記事で、Windows 11標準のAndroidエミュレータである「Windows Subsytem for Android」にAPKをインストールできる方法を紹介しましたが、これはADBコマンドでのイ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (15件)

  • adb : 用語 ’adb’ は、コマンドレット、関数、スクリプト、ファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。
    名前が正しく記述されていることを確認し、パスが含まれている場合はそのパスが正しいことを確認してから、再試行してください。
    発生場所 行:1 文字:1
    + adb connect 172.23.203.44
    + ~~~
    + CategoryInfo : ObjectNotFound: (adb:String) [], CommandNotFoundException
    + FullyQualifiedErrorId : CommandNotFoundException
    と表示されたのですがどうすればよいですか?

  • ADBコマンドでインストールしようとすると
    Performing Push Install
    adb: error: failed to get feature set: more than one device/emulatorr
    と表示されてインストールできません

  • ADBコマンドでインストールしようとすると
    Performing Push Install
    adb: error: failed to get feature set: more than one device/emulatorr
    と表示されてインストールできません

  • chuwiのherobook proにwin11を入れてwsaを入れたところまではよかったのですが、wsaでファイルを起動しても読み込み画面がしばらく出て消えます。adbで接続しようとしてもunable to connect to xxxx で弾き返されます。開発者モードももちろんオンにしてます。デバイスが対応していないのでしょうか?解決法はありますか?

  • IPアドレスを表示させるために適当なアプリを起動するってことですが、その適当なアプリをインストールするためにはIPアドレスが必要っていう堂々巡りに陥ってます
    手動でAndroidサブシステムをインストールした場合、どうすればいいんでしょう?

    • Android Subsystemの設定を開き、「Files」をクリックすれば起動させることが可能です。

      • ありがとうございます。できました。
        Androidにしかない有用なアプリも結構あるので、APKインストールできると便利ですね。

  • > ChromeOSってOS自体を開発者モードに切り替えないとAPKの導入はできませんし
    現在は開発者モードに切り替えなくてもapkをインストールできます。

    • ご指摘ありがとうございます。知らない間に仕様が変わっていたんですね^^;
      訂正しておきます。

  • なんでAPKPureに取消線ついてるの?
    そこそこ昔から名の知れた所だと思ってたけど

    • コメントありがとうございます。
      確認したところ、WordPressがURLをエラーと判断して横線が付いていたみたいです。修正しておきました。

  • アプリ使えるのはいいけど他の機能がゴミだからなあ…

コメントする

目次
閉じる