ブラウザ拡張機能/スクリプトパソコン

Google検索結果から邪魔・不要なサイトを非表示にできる拡張機能「uBlacklist」

スポンサーリンク

Googleで検索をしていると、たまに同じような内容の記事でタイトルだけを変えた記事を量産しているサイトが検索結果を埋め尽くしていることってありますよね...。

ほかにも「探してみました!見つかりませんでした!→いかがでしたか?」っていう謎記事とか...。

いかかでしたかブログ」という通称が付いてるらしい...

こういうサイトを検索結果から非表示にできる拡張機能「uBlacklist」を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

拡張機能の導入

「uBlacklist」はChromeとFireFoxに向けてリリースされています。Microsoft EdgeやVivaldiもChromeベースなので導入可能です。

Google Chrome/Microsoft Edge(Chromiumベース)

uBlacklist
指定したサイトが Google の検索結果で表示されないようにします

Firefox

uBlacklist – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手
Firefox 向け uBlacklist をダウンロード。指定したサイトが Google の検索結果で表示されないようにします
スポンサーリンク

設定方法は簡単

導入が完了したあと、Google検索結果を表示すると、リンクにそれぞれこのような表示が追加されます。

サイトを除外する

除外はいたって簡単。除外したいサイトの「このサイトをブロックする」をクリックし、「ブロック」をクリックすればOK。

これですぐに除外されます。

通常除外後

間違ってもsmartasw.comを追加しちゃダメですよ?

ちなみに、1ページに表示できる記事は除外されたぶんだけ減るため、「AutoPagerize」と組み合わせるのがおすすめです。

AutoPagerize
A browser Extension for auto loading paginated web pages. AutoPagerize use in many web site, and provide efficiently web browsing.
スポンサーリンク

設定

設定を開く場合、Chromeの場合は、画面右上の「uBlacklist」アイコン(ない場合は拡張機能のボタンをクリック)をクリックし、「オプション」をクリックすれば開けます。

「オプション」をクリック。

他の検索エンジンでも使用可能

デフォルトでは「Google」のみで使用できますが、他にも「Bing」「DuckDuckGo」などでも使用可能。

設定のクラウド同期が可能

この拡張機能の特徴として、クラウド経由での同期が可能。複数のPCで同じ設定を同期できるほか、初期化をした後などに設定の復元も簡単です。

同期は「Google ドライブ」「Dropbox」で可能。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥109,800 (2021/09/21 12:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

  1. いかかでしたかブログ 本当にタヒねよって思ってたので助かりました!
    クソ記事しか書かない奴らって腹立つのが結局参考にならないくせに余計に数ページに分けて広告費稼いでしまいにはサブスクとかアフィカスとかで儲けようとしてますからね、、、。

    いつもいつも本当にありがとうございますm(_ _)m

    • お役に立ててよかったです。是非活用しちゃってください。

  2. あれ、見間違いだったかな…?tampermonkeyについての記事だった気がするんだけど…違ったらすみません…

    • Twitterの方ではお知らせしたんですが、記事公開してすぐにもっと良いものがあったのでサクッと書き換えました^^;
      なのでその記憶は正しいです…。

  3. いつも便利な物の紹介ありがとうございます!

    • お役に立ててよかったです!

タイトルとURLをコピーしました