Android AutoをPC上で表示してテストする方法【Android Auto – Desktop Head Unit】

Android Auto
スポンサーリンク

基本的にナビに接続しないと、簡易的なものしか使用できない「Android Auto」ですが、PCでナビ側をエミュレートすることで、実際にナビに表示されるAndroid Autoを表示し、テストできます。

今回の記事ではWindows 10でテストしています。
スポンサーリンク

PC側の事前準備

Android StudioはAndroidの開発ツールで、以前「Android SDK」と呼ばれていたものをすべて内包しています。

Download Android Studio and SDK tools  |  Android Developers
Download the official Android IDE and developer tools to build apps for Android phones, tablets, wearables, TVs, and more.

これをダウンロードしてインストールしておきます。

Android Studioを起動

Android Studioが開くので、適当にプロジェクトを作成します。

必要なツールのインストール

プロジェクトを作成後、メイン画面が開いたら、「Tools」→「SDK Manager」をクリック。

「SDK Tools」→「Android Auto Desktop Head Unit Emulator」→「OK」

これで規約の確認画面が表示されるはずなので、「Accept」にチェックを入れてインストールを進めればOK。

インストール後はAndroid Studioを終了させてもOKです。

スマホ側の準備

USBデバッグの有効化

方法はこちらを参照してください。

Windows 10でADBコマンドを使えるようにする方法+よくあるQ&A
Windows環境でADBを簡単に導入する方法と使い方を紹介します。 同時に「fastboot」コマンドも使えるようになります。

Android Autoのデバッグ機能を有効化

Android Autoアプリを起動し、「設定」を開きます。
その中から「バージョン」を何度もタップすれば開発者向け機能が有効化できるようになります。

※ヘッドユニットサーバーを起動

次に右上の︙をタップし、「ヘッドユニットサーバーを起動」をタップ。

これでスマホ側の準備は完了。なお、このサーバーの起動はスマホを再起動するたびに有効化が必要です。

PC側で表示させる※

ADBコマンドを入力※

PCにスマホをUSBケーブルで接続し、以下のADBコマンドを入力します。(ADBコマンドを使うには初期設定が必要です。)

adb forward tcp:5277 tcp:5277

ビューアーを起動※

エクスプローラを開き、Cドライブ→「ユーザー」→「(ユーザー名)」→「AppData(隠しフォルダ)」→「Local」→「Android」→「Sdk」→「extras」→→「google」→「auto」を開きます。
その中にある「desktop-head-unit.exe」を起動します。

このように画面が表示されます。

左クリックでタッチ操作はもちろん、右クリックを2回することで、ピンチイン、ピンチアウト操作も可能です。

再起動後は再度設定が必要

この記事の中の「※」がある項目は再起動後や、スマホの接続の度に設定、入力が必要になります。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

Android Auto ADBコマンド
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました