Windowsパソコンに1分でADB環境を導入できる簡単な方法

Windows
スポンサーリンク

Windows環境でADBを簡単に導入する方法を紹介します。
Android SDKの導入入らずで簡単に導入できます。
パソコンに慣れている方はダウンロード含め1分もかからないんじゃないかと思います。
初心者でも簡単にできますのでぜひお試しください。

※この記事はWindows搭載のパソコンで使用できます。LinuxやmacOSでは使用できません。

追記:リンク切れを修正しました。

スポンサーリンク

インストール

こちらのリンクより、「15 seconds ADB Installer」をDL

adb-setup-1.4.3.exe

ダウンロードしたらクリックして実行します。
a

管理者権限を求められるので、「はい」をクリック
管理sた

コマンドプロンプトが起動し、このように表示されているはずです。
「ADBとfastbootドライバをインストールしますか?」と聞かれるので「Y」ボタンを押し、エンターキーを押します。
komendo

すると次に「ADBをシステムにインストールしますか?」と聞かれます。
複数のユーザーを使用している時に必要な設定です。
特にこだわりがなければ「Y」にしておきましょう。
こちらも入力後エンターキーを押します。
あxsだキャプチャ

最後に、「Android端末のUSBドライバをインストールしますか?」と聞かれるので、
「Y」を押し、エンターキーを押します。
dさキャプチャ

すると、ドライバのインストールウィザードが起動しますので、「次へ」をクリックし、完了したら「完了」をクリックします。
さdさsだsdさキャプチャ

完了をクリックすると自動的にコマンドプロンプトが終了します。
再起動して作業は完了です。
ADBやfastbootのファイルの配置からパスを通すのまで完了し、ADBコマンドが使用できるようになりました。

ADBコマンドの動作確認

「Windowsキー」と「R」キーを同時押しし、「cmd.exe」と入力してエンターを押します。

コマンドプロンプトが表示されたら「adb」と入力し、エンターキーを押してみてください。
このようにずら~っと表示されたら導入が完了しています。
dさdさ

ADBコマンドの実行方法

USBデバッグを有効化したAndroid端末を接続した状態で、「コマンドプロンプト」、または「PowerShell」を開きます。
その状態で実行したいコマンドを入力し、エンターキーを押すと実行されます。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

WindowsADB
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

  1. 進研ゼミを退会して、不要になったアンドロイドタブレットをアンドロイド化しようと思ったんですけど、ADB環境の構築がひつようと知りやってみたんですけど、うまくいきません。もしよければ、Android化をやっていただけないでしょうか?。
    万が一破損した場合でも、構いません。お願いしていただけないでしょうか?

  2. @西川さん
    ダウンロードはDownloads: Version 1.4.2と書かれたところの下のどれかをクリックすればOKです。
    GoogleDriveを選べば間違いないかと。
    そこからダウンロードを押せば始まるはずです。
    インストールの際は、ダウンロードしたexeファイルを右クリックで「管理者として実行」を選択します。
    その後、Y→Enterを繰り返せば完了します。
    後半の内容はすみませんがどういうことなのかいまいちわからないです。

  3. 質問です
    QUA TABのMicroSDの内部ストレージ化を試したいと思いましたがADBインストーラーで英語が解らなくてすでに躓いています。
    ダウンロードボタンはどれをクリックするのでしょうか?
    チェックBOX付きでホームを変更するダウンロードが開いてしまいます。合っているのでしょうか?
    よろしくご教授ください。

タイトルとURLをコピーしました