YOGA Pad ProカスタムROM/GSIAndroid OS

「Android 12L」のGSIを焼いて使ってみた。実際の機能/動作など

スポンサーリンク

先日、ついにタブレット向けのOS「Android 12L」のBeta1がリリースされました。

例年通り、Pixelシリーズ向けの他に、様々な機種で起動できる「GSI」も同時にリリースされたので、実際にYOGA Pad Proに導入して使ってみました。

今回の記事ではこの導入方法と、Android 12Lの実際の動作・機能などを紹介します。

スポンサーリンク

Android 12L GSIのダウンロード

Googleより公式にリリースされています。

12L GSI binaries and release notes  |  Android 12  |  Android Developers
Notes and downloads for Generic System Images on 12L.

言語を英語に変更する必要あり

なお、現時点では日本語のページではAndroid 12Lはリリースされておらず、「Android 12」のページとなってしまいます。そのため、ページ右上から言語を「English」に変更する必要があります。

アーキテクチャ、GMS有無の選択

アーキテクチャは「ARM64」「x86」が用意されています。大抵のAndroid端末(Snapdragon/Dimensityなどを搭載)の場合は「ARM64」を選択します。

「GMS」はGoogleサービスのことなので、GooglePlay等が必要な場合は「GMS」と記載のあるものを選択します。

ダウンロード後展開

zipファイルの中に「system.img」「vbmeta.img」が入っています。どちらも必要なので取り出しておきます。

スポンサーリンク

GSIの導入方法

今回は実際にYOGA Pad Proに導入したので、その方法を紹介します。他の端末でもほとんど同じ手順で導入可能かと思います。

当然、リスクはあるので復旧できる準備はしておきましょう。

また、今回は通常通りコマンドで導入を行いますが、Googleが公開しているWEBツール「Android Flash Tool」でも導入できるかと思います。

ちなみに、海外ではすでに「Xiaomi Pad 5」に導入成功という情報も上がっています。

fastbootモードを起動

USBデバッグを有効(有効化する方法)にした状態でパソコンとUSB接続し、以下のコマンドを実行します。

adb reboot bootloader

これでfastbootモードが起動します。

「fastbootd」を起動

最近のAndroid端末では、パーティション構成の関係から、fastbootモードではsystem.imgの書き込みができなくなっています。

その代わりに用意されているのが「fastbootd」というモード。起動するにはfastbootを起動した状態で以下のコマンドを実行します。

fastboot reboot fastboot

これで以下のように「fastbootd」が起動すればOK。画面は機種によって多少異なります。

vbmetaをフラッシュ

まずはじめに、vbmeta.imgをフラッシュして「ブート検証(Verify boot)」を無効化します。これは、Windowsパソコンで言うところの「SecureBoot」のようなものです。

以下のコマンドを入力後、半角スペースを入力し、はじめに用意した「vbmeta.img」を画面上にドラッグアンドドロップします。

fastboot flash vbmeta 

実行して以下のようになればOK。

system.imgをフラッシュ

次に、本命の「system.img」をフラッシュします。

vbmetaと同じように、以下のコマンドを入力後、半角スペースを入力し、「system.img」を画面上にドラッグアンドドロップします。

fastboot flash system 

実行すると以下のように処理が進んでいきます。しばらくして「Finished」と表示されれば無事導入が完了です。

初期化

以前のデータが残っていると起動しないことが多いので、初期化をおこないます。

以下のコマンドを実行し、リカバリーモードを起動します。

fastboot reboot recovery

リカバリモードが起動したら、あとは「Format data」などを選択して初期化します。(操作は電源/音量ボタンで行う)

初期化が完了したら再起動します。

スポンサーリンク

Android 12L DP1が起動する

導入が完了していれば、無事Android 12Lが起動するはずです。

YOGA Pad Proではほぼ完璧に動作

GSIは、基本的に機種ごとのドライバや最適化が含まれていないため、一部機能が動作しないなど不具合が起こる場合も多いです。ただ、「YOGA Pad Pro」の場合は、少なくとも以下の機能は動作しており、問題なく常用できそうなレベルでした。

  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • 輝度調整
  • タッチパネル
  • スピーカー
  • CPU、GPU(動画再生含む)
  • USB(充電・通信)
  • 自動回転

発売時にAndroid 11以降を搭載している機種であれば同様に問題なく動作する場合が多いと思われます。

当然ながら、YOGA Pad Proの独自機能である「HDMI入力」は使用できませんが、それ以外に不具合はほとんど見当たりませんでした。ただし一つだけ、「画面輝度の自動調整」は使用できませんでした。(項目自体が表示されず)

Android 12Lの機能・動作

Android 12Lは、数日前に初回リリースが行われた段階で、現在「Beta1」となっています。例年通りであれば、あと4回ベータリリース後に正式リリースとなるため、改善の余地は大いにあります。

UI

ロック画面や通知パネルがタブレット向けのレイアウトとして2カラムに変更されました。

ロック画面通知パネル/クイック設定
ホーム画面ドロワー

ナビバーとドックが合体

ナビゲーションバーとホーム画面のドックが合体し、ドックに配置したアプリアイコンを常時表示しておけるようになりました。

サクッとアプリを切り替えできる他、画面分割を簡単に起動できるようになりました。

アイコンは5つまで

現時点ではドックに配置できるアイコンは5つまでと控えめです。

10インチ以上のタブレットではスペースがかなり余るので10個くらいは配置できるようにしてほしいところ。

なお、ひと手間必要となり面倒ですが、フォルダは作成可能なので、6個以上アプリを配置したい場合には活用しましょう。

画面分割が簡単に起動可能

Android 12Lの目玉機能の一つがこれ。アプリを起動した状態で、ドックのアイコンを左右どちらかにドラッグするだけで画面分割を起動することが出来ます。

(↑マウスカーソルがずれているのは録画時のミスなので気にしないでください)

Android 12以前では画面分割の起動には3回ほど操作が必要と、正直面倒だったのでこの改善はかなり嬉しい。

ジェスチャー操作への切り替えも可能

Android 10以降に搭載されている「ジェスチャーナビゲーション」の使用ももちろん可能です。どちらを選択してもドックは基本的に表示されます。

ジェスチャーナビゲーション3ボタン

ただ、仕様なのか不具合なのかいまいちわかりませんでしたが、たまにドックが表示されず、以前のジェスチャーバーが表示されることがありました。

【追記】仕様でした。ジェスチャーバーを長押しすることでドックの表示/非表示が可能でした。

ランチャー変更後もジェスチャー操作可能

Android 12で改善されたランチャー変更後のジェスチャー操作は、Android 12Lにも引き継がれています。

ランチャー変更後でも、ジェスチャー操作は問題なく使用可能で、アニメーションもなめらかです。当然ドックも表示されます。(画像はNiagara Launcher

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました