Windows 11でタスクバーのアイコン/スタートボタンを左寄せに戻す方法

Windows 10からWindows 11への変更点の一つに「タスクバーの配置」があります。Windows 11では、タスクバーのアイコンは中央揃えになるようになりました。

ただ、正直個人的には左揃えのほうが使いやすかったです。というのも、Windows 10の場合、スタートボタンをクリックしたい場合、左下にあれば何も考えずに端にぶつかるまでカーソルを動かせばよかったのですが、Windows 11では、中央揃えになったがために、狙ってカーソルを動かす必要があるわけです。

些細な違いですが、実際に使ってみてもストレスだったので、戻し方を紹介します。とはいっても、設定から変更するだけですけどね…

Windows 11はWindows 10で「Windows Insider Program」を有効にし、「Devビルド」を取得するよう設定すればインストールできます。現時点ではまだ不具合があると思われますので、導入は自己責任にて行ってください。

目次

設定手順

スタートメニューから「設定」を開きます。

「個人用設定」→「タスクバー」を選択し、「Taskbar alignment」の”中央揃え”を”左揃え“に変更します。

これだけで戻る

これで以下のようにタスクバーが左揃えとなります。

同時にスタートメニューも左側に移動します。

スポンサーリンク

脳死でスタートメニューを開けるように

左下にカーソルがぶつかるまで動かしてクリックすればスタートメニューが開きます。少なくともマウス、トラックパッドで使うぶんには絶対こっちのほうが便利でしょ。異論は認めません。

とりあえずスタートメニュー開いて、っと…

やはり左下こそ至高…!
ええっと・・・、何するんだっけ…?
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる