スポンサードリンク

Root化ツールのMagiskに「Magisk Managerを隠す」オプションが追加

Root化必須アプリ
スポンサードリンク

Root化していることを隠す「Magisk hide」などの機能を備えた「Magisk」ですが、その管理アプリである「Magisk Manager」自体を隠す、という機能が追加されました。
これで更に強力なRoot化対策アプリ対策が可能になりました。

スポンサードリンク

この機能の目的・仕組み

magiskはroot化した端末で起動できないよう対策されているアプリを起動できるようにできる「Magisk Hide」という機能があり、ほとんどの対策アプリは動作させることができます。(ゲームは除く)ですが、最近はアプリの識別子に当たる、「パッケージ名」でMagiskが導入されているか判断しているアプリがちらほら出てきています。

少なくとも、「Vide○ & TV Sideview」はこのような対策されており、レコーダーと接続しようとするとすぐにエラーとなっていました。

これらのアプリでも起動できるようにする機能です。

使い方

まず、「Magisk Manager」を起動し、「設定」を開きます。

設定項目の中に「Magisk Managerを隠す」という項目があるのでタップします。

するとこのように処理が始まります。処理が終わるとアプリが自動的に終了されます。

終了後、「Magisk Manage」はアプリ一覧に表示されていますが、パッケージ名がランダムな文字列に変更されています。

↓実際にこの機能で隠した後の「Magisk Manager」のパッケージ名

これでも通常通りRoot権限は使用可能です。

対策済みアプリの動作確認

先程の「Vide○ & TV Sideview」もレコーダー接続、再生など動作を確認できました。

その他、Root化端末への対策が厳しいとされる「Fate Grand/○rder」は、Magisk hideの設定だけでは起動しなかったのですが、今回の設定を行うと普通に起動できました。
※起動のみしか試していません。正常に動作するかどうかまでは未確認です。

Rootも取れてゲームもできるからと言ってデータ改ざん等には手を出さないように。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

Root化必須アプリ
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄