DarQ:Android 10の「Force Dark」をアプリごとに設定できるアプリ

ツール系
スポンサーリンク

久方ぶりのアプリ紹介。
Android 10に搭載されているダークモードとフォースダーク機能。
このフォースダーク機能の方はダークモードに非対応のアプリもダークモードに強制的に変更できる結構すごい機能なんですが、なぜかアプリごとに設定はできません。それ故に一部アプリでは見づらくなってしまったり表示がおかしくなったりします。

「DarQ」を使えばそれを制御できるというわけです。
このアプリ自体はかなり前からあったんですが、Root化が必須であまり一般的ではなかったんです。
が、最近ADBコマンドでも同様の動作ができるようになったようなので紹介します。
※セットアップにはパソコンが必要なので注意です。

スポンサーリンク

ダウンロード

※現時点ではGooglePlayでは配信されていません。
XDA Labs(要ログイン)からダウンロードします。APK Mirrorでもダウンロードできます。

XDA Labs | DarQ
DarQ by Kieron Quinn - 4.03/5 (35 ratings)
DarQ APKs - APKMirror

インストール

いつもどおりAPKをインストールします。
手順がわからない方は以下からどうぞ。

【~Android 10】Android端末にAPKファイルをインストールする方法【野良アプリ】
Androidの醍醐味の一つである「野良アプリ」(.apk)のインストール方法を紹介します。 今回はAPKの中身、要は安全性や機能については触れませんので、そのあたりの判断はご自身でお願いします。

セットアップ方法

1.スマホ側の操作

アプリを起動するとユーザー補助の有効家を求められるので有効化します。
「OK」→「DarQ」→チェックを入れる→「許可」

これでDarQの画面に戻るとサービスが動作していないと表示されます。とりあえずこのままでOK。

USBデバッグを有効化

機種やバージョンによって異なりますが、端末情報やシステム情報の項目を探して「ビルド番号」を連打してれば「開発者オプション」が出てきます。(MIUIの場合はMIUIバージョンなど例外あり)

その中にある「USBデバッグ」を有効化します。

2.PC側の操作

まずAndroid端末をUSBケーブルでパソコンと接続しておきます。

必要なファイルをダウンロード

その後、以下のリンクから「DarQ ADB vX.X.zip」をダウンロードします。

403 Forbidden


そのzipファイルを開き、中のファイルをすべて取り出します。

スクリプトの実行

取り出したファイルの中で「rundarQ-windows.bat」をダブルクリックして実行します。

このようなコマンドプロンプトの画面が表示されます。ここでスマホの画面を確認してください。

スマホに以下のような表示がされているはずなので、「許可」をタップ。

先程のコマンドプロンプトの画面を閉じて、もう一度「rundarQ-windows.bat」をダブルクリックして実行します。以下の画面になれば成功です。

3.あとは自由に設定するだけ

DarQを起動してこの画面になればOK。
「Enabled Apps」をタップして有効化したいアプリにのみチェックを入れます。

試しに「SmartNews」にのみチェックを入れるとこうなります

この状態で「Amazonショッピング」を起動すると通常通りで表示されます

ちなみにこのアプリにチェックを入れるとこうなります。
商品画像までブラックになってしまうので流石に見づらいですね。

再起動後は再度スクリプト実行が必要

ADBで行う最大のデメリットがこれ。
端末の再起動後は先程のスクリプトを実行してください。
また、通常の端末では大丈夫ですが、EMUIなどメーカー独自のタスクキルが実装されている場合、これでタスクキルされると再度有効化が必要な場合があります。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

ツール系
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました