Androidエミュレータ6種を一覧比較 & 用途別おすすめ[ベンチマーク/機能/安定性]

Windows
スポンサーリンク

久しぶりにエミュレータを触りたくなったのでいろいろ比較してみました。
PCでAndroidを動かす場合、エミュレータとAndroid x86でネイティブで動かす方法の2つがありますが、今回はエミュレータのほう。パソコンのOSはWindowsを前提で進めていきます。

スポンサーリンク

Androidエミュは6種類


今現在も開発/配信されているAndroidエミュレータは主にこの6つ。

LDPlayer
Bluestacks
Genymotion
MEmu
Nox Player
Gameloop

すでに配信や開発が終了したものは多数ありますが、すでに実用的ではないものが多いです。
というわけで、今回の記事ではこの6種類を比較していきます。

バージョン・機能比較

名称バージョンGooglePlayキー割当

同時起動

(複数窓)

Root権限

Root検出ゲームの起動※1

(FGO/ポケGO/パスドラ)

APKの
インストール
価格
LDPlayer7.1/5.1


(切替可能)


(○/×/×)
無料
Bluestacks7.0×
(○/×/○)
無料
Genymotion4.4~10.0
(今回は9.0を使用)

(簡単な手順で導入可能)
×
(切り替え不可)
×
(×/×/×)
無料
MEmu7.1.2(4.4/5.1)
(切替可能)

(○/×/×)
無料
Nox Player4.4.2/5.1.1/7.1.2
(要設定)

(○/×/×)
無料
GameLoop

4.4
(一部アプリ起動時のみAndroid 7で動作)


(簡単な手順で導入可能)

(切り替え不可)
×
(×/ー/×)
×無料

※1:Root検出が厳しめの「Fate/GO」の起動、「Pokemon Go」のログイン、「パズドラ」の起動をテストしています。

ベンチマーク比較

Antutuベンチマークで比較といきたかったのですが、Vulkan APIに非対応だったり、そもそも動作しなかったりということで「Antutu Lite」で計測しています。これはAntutu公式ページよりダウンロードできます。

測定に使用したPCスペック

OS:Windows 10 2004
CPU:Ryzen 7 2700
RAM:16GB(DDR4)
ROM:NVMe SSD 512GB
GPU:GeForce GTX1060

実際のスコア

スコアが高い順に並べてます。

種類スコア詳細画像
LDPlayer 4.0 (Android 7.1)953,848詳細
Bluestacks930,319詳細
Nox Player836,038詳細
MEmu(クラッシュにより計測不可) 
Genymotion(クラッシュにより計測不可) 
Gameloop(クラッシュにより計測不可) 

参考:Snapdragon 865搭載の「POCO F2 Pro」は「558096」(詳細)です。

スポンサーリンク

結論

エミュレータとしていくつかの項目に分けて5段階(5が一番良い)で評価してみました。
あくまで短時間の使用、かつ個人的な感情も入っているので参考程度ですが。

種類\項目安定性動作速度アプリ互換性機能の多さ操作性動作の軽さ広告の少なさ
LDPlayer5545544
Bluestacks5554444
Nox Player5445543
MEmu2434553
Genymotion3322335
Gameloop3323143

普通のゲーム/アプリ用途なら「Bluestacks」がおすすめ

Antutu Liteのスコアが高く、Root権限がないので「パズドラ」なども起動できる互換性の高さが魅力です。
変わったことはせず、PCで快適にゲームをプレイしたいという方は「Bluestacks」を選べば間違いないです。
Androidバージョンが7.1なのも重要で、最新ゲームが動作しないということもかなり少ないはずです。

↓ホーム画面がシンプルで使いやすく、広告もかなり控えめ。

↓画面録画機能、キーマッピング機能など主要な機能はバッチリ搭載なので十分

Bluestacksのダウンロード

高度なツールで自動化などでゲームを進めるなら「LDPlayer」

「Antutu Lite」のスコアが一番高く、更に機能も豊富なのが「LDPlayer」です。
もちろんこれでゲームをプレイするのも大いにアリですが、せっかくなら多機能さを活かしたいところです。
というのも、「LDPlayer」には同じ操作を繰り返せる「マクロ機能」、2つ以上の画面を同時に操作できる「同時操作」など、ゲームを有利にすすめるちょっとせこい機能が搭載されているためです。

これらを使えば、リセマラを同時に自動で、なんてこともできるわけです。
↓「同時操作」でデュエプレを3窓同時リセマラ

もちろん、キーマッピングや画面録画機能も搭載しているのでこれで普通にプレイもアリ。広告はうざくない程度ですがBluestacksよりは多め。

LDPlayer のダウンロード

Androidアプリ開発/テスト用途なら「Genymotion」

Androidアプリの開発ならAndroid4.4~10まで使える「Genymotion」がおすすめです。
正直なところ、「Genymotion」はゲーム用途ではRoot権限などで起動しないものが多く、機種名偽装をしていないがためにGooglePlayでダウンロードできるアプリが限られるので使いづらいです。
↓Pokemon GO、Netflixなど、出てこないアプリが多い

ただ、アプリ開発ではそこは関係がないですし、OSバージョンが自由に選べて、ドラッグアンドドロップでのAPKインストールができるのでアプリ開発にかなり特化した仕様です。

Genymotion のダウンロード

ただし、Android Studioで開発を行う場合は、Android Studioに含まれる「AVD Manager」から起動できるエミュレータのほうが優れているのでこちらがおすすめです。

その他エミュの所感

Nox Player

これも悪くはないですが、ホーム画面の広告が他に比べて目立ち、ウリの多機能もほぼ全て「LDPlayer」に搭載されてしまい、パフォーマンスや互換性でも「LDPlayer」「Bluestacks」のほうが上なのでわざわざ選ぶ理由はなさそうです。

↓「広告」という表記もなく明らかに誤タップを誘っている

そしてAndroid 7.1に切り替えようとしてもダウンロードが始まらない、なんでや!

MEmu

Android 7.1で多機能と、悪くないですが、「Antutu Benchamark」や「Antutu Lite」はクラッシュするので互換性に少し難あり。

また、「デュエプレ」をテストプレイしていたらちょこちょこグラフィックがずれたりちらついたりしていて少し不安定な印象。もちろん「LDPlayer」「Bluestacks」「Nox Player」ではこのようにはなりません。
↓カードのマナ数部分のグラフィックがずれている

Gameloop

もともと「Call of Duty mobile」などの一部ゲームアプリ向けに開発されたエミュレータっぽくて、Google Playとそこからインストールしたアプリへのアクセス手順が面倒すぎる上、AndroidバージョンがまさかのAndroid4.4ということで動作しないものが多い上にインストールすらできないアプリがかなり多い。

コメントでAndroid 7へのアップデートも可能という情報をいただきました。
実際に試すと、一部ゲームインストール時にダウンロードされ、そのゲーム起動時のみAndroid 7で実行されるようです。ただ、UIや機能に違いはありません。

また、その他アプリ、APKでインストールしたアプリは、4.4で動作するため今回は考慮していません。

更になぜかナビゲーションバーもボタンもなく、「戻る」という操作が不可。なんじゃそりゃ。

「Call of duty」「PUBG mobile」など、対象に入っているアプリをプレイするなら試して見る価値はあるかも程度。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

Windows ゲーム関連
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

  1. GameLoopはPUBGMobileの会社が出してるやつで、PCで無料でPUBGやりたい人向けに作られたそうです

  2. Gameloopって確かAndroid7版もある気がしますよー

    • 情報ありがとうございます。
      試してみるとGameloop内で導入できるアプリ、かつ、Android 7以上で動作するアプリの動作時のみ使用できるようです。他のアプリは引き続き4.4で動作する仕様みたいなので、追記のみしておきます。

  3. やっぱりエミュの最高傑作はAndroid Studioだな。

タイトルとURLをコピーしました