Nintendo SwitchでWi-Fiの感度が悪い/繋がらないときの対処法

色んな所で話題になっている「Nintendo Switch」のBluetoothやWi-Fiの感度の弱さですが、私の環境でもWi-Fiの接続や速度が不安定だったので、原因と対処法をまとめました。

目次

はじめに

今回の記事は、固定回線(光回線 または ADSL)でSwitchを使用している場合のみが対象です。

スマートフォンでのテザリングやモバイルデータ通信、またはそれらを利用した据置のネット機器(Softbank Air・WiMAX +5Gなど)を使用している場合は、そもそもその「回線」が不安定である可能性が高く、この記事の内容だけでは改善する可能性は低いです。

対戦ゲームでは通信速度も重要ですが、それ以上に安定性・応答速度が重要です。テザリングやモバイルデータ通信(4G・5Gなど)は光回線と比較すると劣る場合が多く、回線落ちの原因になりやすいです。

スポンサーリンク

電波が干渉していることが原因かも?

まず考えられるのは、周波数が近い電波が干渉してしまい、通信が途切れたり、不安定になってしまっていることです。

なぜ干渉が起こるのかというと、Nintendo Switchの使う電波と同じ周波数帯の電波が多数飛んでいるからです。Nintendo Switchの場合、コントローラーなどとの接続に「Bluetooth」、インターネット接続に「Wi-Fi」を使用します。

それぞれ使用している周波数帯は以下の通りで、そのうちNintendo Switchが対応しているのは2.4GHz・5GHzです。

通信規格周波数帯
Wi-Fi2.4GHz
5GHz
・60GHz
Bluetooth2.4GHz

「2.4GHz」は特に干渉しやすい周波数帯

2.4GHz帯は、Wi-Fiで昔から使われている周波数帯ということもあり、ほぼすべての家庭のWi-Fiで使用されています。

5GHz帯に対応しているルーターでも、引き続き2.4GHzも併用するというのが一般的です。

このことから、Wi-Fiルーターが密集しやすいアパートなどの集合住宅では干渉が起きやすいです。

「電子レンジ」との干渉が特に問題

また、それ以外の大きな要因として「電子レンジ」があります。一見、Wi-Fiなどとは関係なさそうに思われるかもしれませんが、電子レンジは電磁波を使用して加熱する機器であり、その電磁波の周波数が2.4GHzとなっています。

電子レンジが使用する電磁波はかなり強力なので、加熱を始めてしまうとWi-Fiが全く使えない、ということも珍しくありません。

電波干渉が起こると具体的にどうなるのか

干渉の影響を確認するため、簡単な実験を行ってみました。環境は以下のとおりです。

回線(最高速度)STNet Pikara(1Gbps)
ルーターAterm WH822N
接続周波数帯2.4GHz(IEEE802.11n)
リンク速度300Mbps(Switchに表示されないため理論値)

干渉していないとき

ダウンロードアップロード
25.4Mbps16.5Mbps

干渉しているとき

極端な例とはなりますが、Nintendo Switchの近くに無線接続している状態のスマホ、タブレット、ノートパソコンを置いた状態で測定しました。

ダウンロードアップロード
3.6Mbps877.7Kbps

かなり差が出ていることがわかると思います。同じ場所にて測定してコレなので、 かなり環境に左右されやすいデバイスといえます。

正直ここまで露骨に下がるとは思いませんでした…

干渉したときのアップロードは特に致命的で、 1Mbpsをも下回る結果となりました。流石にここまで下がってしまうとゲームの通信にも大きく影響を与えてしまいます。

スポンサーリンク

干渉の原因となる機器・環境の例

電波干渉は、先程のような同じ周波数帯の機器はもちろんですが、高速通信が可能な接続規格「USB3.0」のケーブルなどの危機の「ノイズ」によって起こる場合もあります。

Nintendo Switchの近くにパソコンやUSB機器を置いていると影響を受けてしまっている場合があります。

USB3.0対応のUSBハブが原因でWi-Fiが不安定になった、という情報も多いです。

有用な対策一覧

5GHz帯(11ac・11ax)対応のルーターに買い換える(すでにある場合はそちらに接続する)

5GHz帯は、2.4GHz帯と比較して速度が速く電子レンジの影響もほとんど受けません

ただし、その代わり遮蔽物に弱いという特徴もあるので注意しましょう。

2022年現在では、ほぼすべての無線LANルーターが5GHzに対応しており、安いものであれば4,000円から購入できます。ただし、これらは「複数機器の同時接続に弱い」「有線LANの速度が100Mbpsしか出ず遅い」といった物が多いです。

個人的にオススメの価格帯は8,000円前後で、このくらいの価格帯の製品は「実用上十分な速度」「複数機器の同時通信もそこそこ強い」「有線LANも1Gbps対応」と、長く快適に使える製品が多いです。

1万円以上の製品は、無線LANの最高速度が1000Mbpsを超えるものも多いですが、実際にその速度を出すには回線・通信デバイス側もそれに見合ったものである必要があり、正直ほとんど意味はありません。

オススメは以下の製品で、現時点で最新規格となる「11ax」に対応しており、同時接続台数も14台と、ほとんどの方に十分な性能を備えています。有線LANも当然1000Mbps対応です。

家族の人数が多い方など、同時に使用する機器がかなり多い方には以下がオススメです。やや価格は上がってしまいますが、そのぶん同時接続台数は32台程度(公式ページ参照)とかなり多くなります。

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥12,255 (2023/01/28 22:00:39時点 Amazon調べ-詳細)

5GHz対応のルーターを持っている場合は接続を確認

既にルーターが「5GHz」に対応している場合、そちらに接続してみましょう。ルーター本体や付属のカードに「5GHz」と表記された「SSID」と「パスワード」が書いてあるはずです。

手元のルーターが対応しているかわからない場合は、本体に貼ってあるシールを確認してみましょう。

なお、一概に5GHz帯といっていくつか種類があり、5GHz帯を使用するWi-Fiの規格としては「11a」「11ac」「11ax」があります。この中で「11a」という規格は昔の規格ということもあり、速度や安定性は低く、セキュリティ面でも劣ります。

現在は「11ax」が主流で、速度・安定性・接続距離など多くの面で優れています

スポンサーリンク

簡単にできる対処法

有線LANアダプタを使用する

もっとも簡単で確実なのは「有線LAN」で接続すること。オンラインゲームでは有線LANがマストと言われるほど効果的です。

速度はもちろん、安定性・応答性に優れており、当然ながら電波干渉の心配もありません。

通常版のNintendo Switchには有線LAN端子は搭載されていませんので、以下のようなアダプタを使用することで接続できます。

有機ELモデルであればドックに有線LAN端子が搭載されていますので、そのまま接続できます。

created by Rinker
任天堂
¥38,980 (2023/01/28 22:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

スマホやタブレット等を近くに置かない・ルーターとの距離を近くする

5GHzのルーターを用いた場合でも、当然周囲に同じ5GHzを使用している機器が多ければ干渉自体は起こります。特に、Nintendo Swtichは筐体が小さいこともあり無線感度が悪いため、干渉の影響をモロに受けます。

Nintendo Switchの設置位置も、テレビなどから少し距離を取った位置とし、無線LANルーターとの距離ができるだけ近く、遮蔽物を挟まない位置が理想的です。

遮蔽物があると、排熱の面でも不利になるので、夏場には熱暴走を引き起こす原因となります。特に初期型Switchは発熱も大きいため特に注意しましょう。

エラーが発生するのはサーバー側の問題の可能性もある

特定のゲームでのみ通信エラーが多発する場合、任天堂側のサーバーや相手側の通信に問題がある場合もあります。不特定多数の方とのプレイとなる以上、通信エラーを0にすることは不可能です。

例えば、スプラトゥーン3では、発売当初ということもあり、10試合に1回ほど試合開始前にエラーとなってしまう場合があります。このくらいの発生頻度であれば相手側の問題と思われます。

特に任天堂のゲームは、P2P方式での通信を採用している影響から、ユーザー側の通信状況に左右されやすくなっています。

他にも、マリオカート8DXを夕方から夜にかけてプレイしていると、有線LAN/無線LANどちらでプレイしていても、初回接続時には結構な頻度でエラーが出ます。これはプレイ人数が多いことなどから、ユーザーのマッチングを行うサーバーへの負荷が大きいことが原因だと思われます。

ただし、通常プレイに支障を来すほどエラーの頻度が高い場合(2回に1回程度発生するなど)は、自身の環境を疑ってみてください。

created by Rinker
任天堂
¥1,750 (2023/01/28 22:00:42時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次