小ネタ/TipsiPhone/iPad

iPhone/iPadでYouTubeのリンクをアプリで開くようにする方法(+ブラウザに戻す方法)

スポンサーリンク

iPhone / iPadを使うようになってから一つ不満があり、それはブラウザからYouTubeのリンクを開くとそのままブラウザで開いてしまう、ということ。私はYouTubeアプリで見たいのでアプリが開いてくれないのは結構困ります。

調べてみると、設定項目はないものの、iOS/iPad OSでも「特定のURLを開くアプリを指定する」ことが可能なようなので、これを活用してアプリを開くようにする方法を紹介します。

また、ブラウザで見たいという方も一定数いるようなので、そちらに変更/戻す方法も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iOS/iPad OSでは一度開いたアプリを記憶する

これ、結構びっくりなんですが、iOSでは最初にURLを開いたアプリをデフォルトとして設定します。ここまではいいんですが、この設定項目は存在しないんですよね...。いくら探しても項目がないので今まで諦めて使っていました。

今回の手順はその仕様を利用してデフォルトアプリを上書きする、というものです。仕組みさえ知っていれば簡単なものですが、こんなん普通に使ってたら気づかないでしょ...。

スポンサーリンク

YouTubeアプリで開くようにする方法

URLをコピー

適当なYouTubeのURLをコピーします。深い意味はありませんが、私の動画のURLを張っておきます。

https://youtu.be/kZtljSuZYdw

これをiPhone/iPadでコピーします。

メモアプリ→新規メモに貼り付け

iPhone/iPadで「メモ」アプリを起動し、右下のボタンで新規メモを作成します。

作成出来たら、長押しして先ほどのURLを貼り付けし、「完了」をタップします。すると、URLが右のように黄色になりますので、これを長押しします。

長押しすると、リンクのプレビューと共に以下のような選択肢が表示されますので、ここで「YouTubeで開く」をタップします。これでYouTubeアプリが起動すれば設定完了。

 

これで以降はYouTubeのリンクをタップすると「YouTubeアプリ」で開くようになります。

あ、動作確認用に動画を3つほど置いておきますね~(親切心)

↓画像をタップでYouTubeアプリが開けばOK

スポンサーリンク

ブラウザを開くようにする

逆にChrome/Safariなどの「ブラウザ」で開くように変更したい場合、先ほどの手順と同じようにメモにURLを貼り付け、長押しした後、「Safariで開く」をタップすればOK。

表示上は「Safari」となっていますが、デフォルトブラウザを「Chrome」に設定していればそちらで開くようになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました