”脱Google”のプライバシー重視なカスタムROM「/e/」を試してみた

カスタムROM
スポンサーリンク

AndroidのカスタムROMといえば機能性や電池持ち、パフォーマンスなどを重視したものが多いですが、「/e/」は、Googleに関わるアプリやコードを除き、プライバシーを最重視したROMです。
LineageOSをベースにしており、サポートしている端末は現時点で60機種程度となっています。
手持ちの端末では「Le Pro 3」と「Mi MIX 2S」が対応していたので、「Le Pro 3」で試してみました。

スポンサーリンク

公式ページ

Home
Your data is YOUR data! We build desirable, open source, privacy-enabled smartphone operating systems. We are /e/ Download and TRY! Buy an /e/ Smartphone!...

ダウンロード

対応デバイス向けのzipファイルはここからダウンロードできます。

devices list · Wiki · e / wiki / en
GitLab Enterprise Edition

アプリは最低限のセット

ランチャー

ランチャーはどこからどうみてもiPh○neですはい。
左にスワイプすると検索も出てきます。長押しするとアプリの削除ができます。

アプリ一覧

通常のAndroid端末にインストールされているGoogle製アプリの代替の機能を持つアプリがインストールされています。
例えば、メッセージ、ハングアウトなどの代わりに「Telegram」「Signal」がインストールされています。

「microG」もプリインストール

面白いのが「GooglePlay開発者サービス」の代替というよりは非公式互換アプリ「MicroG」も導入されていること。
(MicroG for YouTube Vancedはこれが元です。)

これがあるので、Googleアカウントへのログイン、YouTubeなどのGoogleアプリも普通に動作します。

やったぜ!これでGoogleアプリ使い放題や! ...あれ?

というのは冗談ですが、「microG」は通常の「GooglePlay開発者サービス」から不要なサービスは削られているのでプライバシー重視の仕様にはなってます。
流石にGoogleアプリ一切なしは難しいですからね。

↓YouTubeアプリも通常通り動作、ログインも普通にできました。

Androidバージョンは8.1

ベースは古めですが、セキュリティパッチは2019/04となっており、セキュリティ自体は問題なさそうです。

ストアは別途用意が必要

microGではGoogle Playの代わりにFake Storeが導入されています。
これは名前の通りなんの意味も持たないアプリです。
ただ、パッケージ名がGooglePlayと同じなのでGooglePlayは上書き扱いとなり、インストールできません。

その代替としては、「Yalp Store」「Aurora Store」「APKPure」などがあります。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

カスタムROM
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました