スマホでもそのまま使える超高速SSD「Sandisk Extreame Portable」を買ってみた

ストレージ
スポンサーリンク

最近YouTubeへのアップを始めた影響でデータ移動を頻繁に行うようになったのですが、現在使用している外付けHDD(WD Elements 2TB)はやはり速度が遅い。特に効果音など細かいファイルを一気に移動させたい場合にはもっと遅くなります。また、HDDは音や消費電力も大きく、Androidスマホだと2.5インチHDDでも電力不足で動いてくれません。

それなら外付けSSDを買ってしまおうということでSanDiskのSSDを買ってみました。

スポンサーリンク

開封

今回購入したのは500GBモデルです。

中身は本体とType-Cケーブル、USB-C to USB-A変換アダプタ、データ復旧ソフトのライセンスで以上。

外観

サイズはもう少し大きいと思っていたのですが本当に小さい。
小さめのUSBメモリを4つ並べたくらいのサイズ。

※左側はWD Elements 2TB HDD

接続はUSB Type-Cで接続し、USB 3.1 Gen 2で動作することも可能です。

ベンチマーク

USB3.1 Gen1とGen2での差は思っていたよりも出てないですね。
内部的にSATA接続されているのだと思います。
まあこの速度で困ることはないはずですし、個人的にはランダムR/Wが早ければ満足なのでSSDの時点で合格です。

USB3.1 Gen1(Max 5Gbps)接続USB 3.1 Gen2(Max 10Gbps)接続

 

比較用

Western Digital Elements(2TB HDD)M.2 SSD 512GB(SP512GBP34A80M28)

 

 

スポンサーリンク

AndroidスマホでもUSB3.1で動作!

最近のスマホはUSB3.1に対応しているものも多く、P30 Proもその内の一つなので、高速に動作してくれます。Type-Cなのでスマホでもタブレットでもパソコンでもそのまま使えるのは本当に便利です。

動画データを移動時には230MB/sとHDDを超える速度で転送できています。

ベンチマークも測ってみた

A1 SD benchで測定

流石にPCには及びませんがこの速度が出ていれば困ることはないでしょう。

価格と購入先

購入した時点での価格は500GBモデルで「¥10183」でした。
小型なのもあり、2.5インチSSDと比較するとまだ値は張りますが、SSDも本当に安くなりましたね。


スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

ストレージ レビュー
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました