【Root】Android Autoのナビバーを左右に配置、サイズを変更などカスタマイズする方法【Extras for AA】

Android Auto
スポンサーリンク

「substratum lite」というテーマエンジンを使用して、Android Autoをカスタマイズできるテーマが配布されていたので、それを使用してAndroid AutoのUIをカスタマイズしてみました。

スポンサーリンク

動作条件

Substratumを使用するには、以下のどれか1つに当てはまる必要があります。

・Root化されたAndroid 9/10端末
・Substratumサービスを含むカスタムROM導入済み

・Android 8.x端末(Andromedaが別途必要)
・SamsungのAndroid 10端末※一部を除くSynergyが別途必要)

今回の記事では最初の2つ、つまりは別アプリが不要な条件でテストしています。

ダウンロード

Substratum lite

GooglePlayより無料でダウンロードできます。

substratum lite theme engine - Google Play のアプリ
Get Substratum's most essential features, in a light package. Theme system support: • Stock Pie and 10 (Q): Compatible with rooted* and Samsung devices. For un...

Extras for AA

以下のどちらかからダウンロードしてインストールしておきます。(APKのインストール方法)

XDA Labs(要ログイン)

GitHub(ログイン不要)

※GitHubの「~icons-release.apk」はアイコン変更のみのものなので間違えないように。

テーマの適用/カスタマイズ

Overlayの作成

「Substratum lite」を起動すると、「Extras for AA」が表示されているのでこれをタップし、「Continue」をタップ。いくつか項目が表示されます。

これでいくつかカテゴリが表示されますので、この中から目当てのものを探します。例えば、ナビバーを右にしたいのであれば「SELECT OTHER EXTRAS」の中の「Force Vertical Bar R」をタップ。

一度に選択できる項目は一つだけなので、とりあえずこれでテーマのオーバーレイを作成します。
Android Autoの横のチェックボックスをタップし、「1 SELECTED」をタップ。「Install selected」をタップすればインストールが完了します。

後は同じようにして必要なOverlayを作成していきましょう。
個人的なおすすめは「DIMENSIONS MENU」の中の以下。アイコンサイズとナビバーのサイズ変更です。

インストールが完了したら一度端末を再起動します。

Overlayの有効化

「Substratum lite」の「Manager」タブを開き、有効化したいOverlayにチェックを入れます。そして下の「○ SELECTED」をタップ。「Enable selected」をタップするとOverlayが適用され、適用したものが緑色に変化すればOK。

Android AutoのUIが変わる

このようにUIが変化しています。この画像では以下のOverlayを適用しています。
・Force Vertical Bar R
・NavBar x0.5

ただ、ナビバーを縦にすると、操作パネル(再生ボタンなど)が表示されなくなるようです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

Android Auto Magisk/Root化 Root化必須アプリ
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました