「Chrome beta」でアプリUI/WEBページ全てに「ダークモード」を適用する方法

ブラウザ
スポンサードリンク

Android版の「Chrome beta」では、最近流行りのダークモードが試験的に実装されており、アプリのUIはもちろん、通常のWEBページも全てダークモードにすることができます。
まだ試験運用機能ですが、既に実用的な完成度になっていると思います。

スポンサードリンク

設定手順

機能を有効化

Chrome betaで以下のURLを入力し、「試験運用ページ」にアクセスします。

chrome://flags

以下のようなページが表示されるので、検索窓に「dark」と入力します。

すると、項目が2つ出てくるので、両方共「DEFAULT」をタップし、「ENABLE」を選択します。完了したら、下側にある「RELAUNCH NOW」をタップ。

再起動すると早速WEBページにダークテーマが適用されています。ただ、ChromeのUIはまだ適用されていませんので、手動で設定する必要があります。

設定からダークモードを有効化

右上の︙をタップし、「設定」→「Dark mode」と開き、「オン」にチェックを入れます。

これで完了です。

※項目が表示されない場合はChromeをもう一度再起動してください。

完成度はそこそこ高い

この設定を行うと、ChromeのUI、及び全てのWEBサイトでダークモードが適用されます。
WEBサイトのダークテーマはChromeが強制的に変更するため、サイト側の対応は必要ありません。
Yahooニュースなどはもちろん、このサイトでもダークモードで表示されます。

通常ダークモード
通常ダークテーマ

ダークテーマに設定してもあまり違和感なく表示できており、十分実用的な範囲だと思います。

ダークテーマの話を聞くたびに有機ELのXiaomi Mi9が欲しくなる…

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました