Windows

Windows 11のコンテキストメニューにペイントの「編集」を復活させる方法

スポンサーリンク

以前の記事で、Windows 11のコンテキストメニュー(右クリックメニュー)をWindows 10のものに戻す方法を紹介しましたが、実際には全く同じものというわけではなく、いくつか削除されている機能があります。

その一つが、画像を右クリックしたときの「編集」ボタン。これは写真をWindowsの標準ソフト「ペイント」で開くボタンです。簡易な編集をしたい場合にサクッと使えて非常に便利だったのですが、Windows 11では削除されてしまいました。

今回はこの「編集」ボタンを復活させる方法を紹介します。

この記事の方法は、Windows 11で導入されたコンテキストメニューでは機能しません。以下の記事の方法で、Windows 10のコンテキストメニューを表示するように設定を行う必要があります。
Windows 11の右クリックメニューを以前のバージョンに戻す方法【コンテキストメニュー】
Windows 11はデザインを重視したアップデートとなっており、かなり多くのUI、メニューなどが刷新されています。そのひとつに、右クリックしたときに表示される...
スポンサーリンク

追加手順

手順は至ってシンプル。以下にレジストリの設定ファイルを用意しましたので、これを導入するだけ。

.regファイルをダウンロード

以下のリンクより「編集ボタン.reg」をダウンロードします。

編集ボタン.reg

ダウンロード時に警告が出るかと思いますが、内容に関わらず「.reg」形式のファイルでは表示されるようになっています。今回のものは私が作成したもので、内容も以下のみです。

ダブルクリックで導入

先程ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

レジストリ関連のファイルなので、セキュリティ警告と管理者権限の許可を求められます。「実行」→「はい」とクリックします。

あとはレジストリ追加の確認を求められるので「はい」をクリックすればOK。

再起動後に反映

Windows 11の再起動、またはエクスプローラのプロセスを再起動することで反映されます。

スポンサーリンク

「編集」が追加される

画像ファイルを右クリックすると、見慣れた「編集」ボタンが追加されているはずです。

設定前設定後

これをクリックすれば、ペイントの編集画面が起動します。

「ペイント」ってシンプルで低機能ではありますが、それ故に動作が軽く、操作も簡単でサクッと終わって楽なので大好きです。

ペイント愛好家の方々はぜひ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました