アプリの複製や様々な改造を施せるアプリ「AppCloner」

ツール系
スポンサーリンク

この「AppCloner」というアプリは、その名の通り、アプリを複製するアプリです。
アプリを複製してどうするのかは使い手次第ですが、用途は多様なので、是非活用してみてください。
ちなみに、有料版になると、機能の追加や権限削除も可能となり、一層活用の幅が広がります。

スポンサーリンク

ダウンロード

名称:AppCloner
価格:無料(有料機能あり¥500)

App Cloner - Official Home Page
Welcome to the official home page of App Cloner. App Cloner lets you create & install multiple copies of Android apps. App Cloner is the only multi-accoun...

※以前はGooglePlayで公開されていましたが、現在は削除されています。
おそらく「アプリの改造」ができてしまうのが削除の原因だと思いますが、安全性は保証できません。野良アプリということでセキュリティに関してはご自身で判断してください。
※ちなみ現在もGoogle Play経由での課金は可能で、課金すること有料版として使用できます。

インストール方法はこちら

【~Android 10】Android端末にAPKファイルをインストールする方法【野良アプリ】
Androidの醍醐味の一つである「野良アプリ」(.apk)のインストール方法を紹介します。 今回はAPKの中身、要は安全性や機能については触れませんので、そのあたりの判断はご自身でお願いします。

無料版でできること

・一部を除くアプリの複製(アプリごとに1つずつ可)
・アプリ名の変更

有料版の機能

アプリ内課金で500円で全機能を使用できるようになります。
※非常に多いので、一部のみ抜粋しています。

・WhatsApp、Messenger、Gmailの複製
・2つ以上の複製や、バッチ(一括処理)のサポート
・複製したアプリの保存及びシェア
・アプリのアイコンの変更
・Android Wear向けアプリの複製
・権限の削除
・マルチウィンドウに強制的に対応させる
・複製したアプリ内でのGoogleマップの使用
・複製したアプリの起動時にWi-Fiオンなどの自動化
・複製したアプリのデータのインポート(Android4.4以上のみ)
・複製したアプリに「戻るボタンを2回タップで終了」機能を追加
・複製したアプリを起動しているときのステータスバーやナビバーの色の変更
・既存のアプリを複製ではなく改造する機能
など
詳細は起動時に表示される「プレミアムバージョンの機能」を御覧ください。

使ってみる

まず起動するとこのような有料版の機能が表示されます。無料のまま使用する場合は「おそらく後で」をタップしましょう。

次に、アプリの一覧が表示されるので、複製したいアプリをタップします。

複製した場合のアイコンやアプリの表示名を編集できます。
ここでは、アプリ名を区別できるように「LINE」→「LINE2」に変更してみます。

「名前」をタップし、任意の名前を入力したら、「OK」をタップします。
項目がきちんと設定されていることを確認して、チェックマークのボタンをタップします。

作成前に注意が表示されます。
要約すると、「すべてのアプリが複製でき、かつ正常に動作する保証はありません。」ということですね。
その他重要な内容も書かれているので軽く目を通しておくとよいかと。
「OK」でアプリの複製が始まります。

複製中には出来る限りスリープに移行しないようにしましょう。
スリープ中は複製の速度がかなり低下する場合があります。

複製が完了すると、このように表示されるので、「インストールアプリケーション」をタップします。

APKファイルをインストールするための設定

Android7.1以前では、設定→セキュリティ→「提供元不明のアプリ」にチェック。
Android8.0以降では、App Clonerに許可を与える必要があります。

インストールすると、アプリが複数表示されているはずです。

2つとも正常に起動するか確かめましょう。

いろいろなアプリを複製してみた

以下のアプリを複製してみました。

動作確認をしてみたところ、結果は以下のようになりました。

・Facebook:○
起動を確認(アプリ名を変更すると起動しなくなると注意されたので変更していません。)

・Instagram:○
起動を確認

・LINE:○
起動を確認

・パズドラ(台湾版):×
起動後にクラッシュ(アプリ名を変更しなくても同様)

Twitter:○
起動を確認

モンスト:×
起動後にクラッシュ(アプリ名を変更しなくても同様)

その他、開発者が複製しても動作しないとしているアプリ

• 殆どのGoogle製アプリ (Google Play Servicesに関わるもの)
• Snapchat
• BBM
• Evernote
• OneDrive
• Skype for Business
• Trello
• WeChat
• YouTube

スポンサーリンク

複製ではなく”改造”をする場合

有料版の機能を使用して、機能を追加したり権限を削ったして、既存のアプリを置き換えて使用したい場合には以下のように設定します。
(無料版では不可)

改造したいアプリをタップし、「クローン番号」をタップ

「元のアプリケーションを置き換える」をタップしてチェックを入れたら「OK」を押します。
これで設定は完了です。

無料版はあくまでSNS向け

結果を見ていただければ分かる通り、SNS系のアプリは動作しますが、ゲームは殆どのものが動作しないと思います。
そのため、SNSのアカウントを複数持っており、一つの端末で管理したいという方におすすめです。
例えば、仕事用とプライベート用のアカウントを簡単に使い分けたり、このブログのように専用のアカウントを使用している場合にも同時に管理できるので便利です。

有料版になると、複製するだけでなく、アプリのカスタマイズができてしまうので、アプリに機能を追加したい、
逆に権限を削除して不要な機能を削りたい、といった要望にも応えてくれると思います。
個人的に良いと思ったのは、「アプリ起動時にWi-Fiをオンにしたり自動回転を切り替えたりできる」機能で、
例えば、動画アプリを起動するときには自動回転をオンにしたりすると便利だろうなと思います。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

ツール系
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

  1. app clonerで作ったバージョン8.12以上の複製LINEは動作しないようです。

    本家のLINEさんはバージョン9.2.0未満での垢作成・引き継ぎ機能は利用できなくなってるので、
    実質app clonerでの複製LINE垢は作れないということですかね、、、?

    三年ほど複製LINEにお世話になっていますが残念です。。

  2. 便利そうだな、と思いいざダウンロードしようとしたらGoogle Playから削除されておりました(涙)
    が、本家サイトから勝手アプリとしてダウンロード可能で、LINEに関しては過去のバージョンをapk mirrorからのダウンロードで無事クローン化が成功しました!

    普段は殆どアプリをインストールしないのですがこちらの記事から今日は複数ダウンロードしました。
    今後の更新も期待しております。

    • 返信が遅れてしまい申し訳ございません。
      GooglePlayから削除されていたことには気づいていませんでした。早速記事のリンクも置きかえておきました。
      また、ブログについてのコメントもありがとうございます。非常に励みになります。

タイトルとURLをコピーしました