【お知らせ】現在複数の記事で画像のリンク切れが発生しており、発見次第修正中です。もし画像が正常に表示されない記事がありましたらコメント等で情報いただけると助かります。

【Root】「Substratum」でアプリに非公式のダークテーマなどを適用する方法

「Google Play」などのダークテーマ非対応のアプリに非公式のダークテーマ、ブラックテーマなどを適用できる「Substratum」の導入方法です。

目次

ブートループに注意

SubstratumはシステムUIなど、広い範囲にテーマを適用できますが、バージョン違いやOSのUIの違いによりテーマが正常に動作しない場合があり、
システムUIなどがクラッシュした場合、最悪ブートループになるので注意しましょう。

スポンサーリンク

ダウンロード

Substratum本体

あわせて読みたい
substratum theme engine - Apps on Google Play The most popular, modularized theming engine for the Android ecosystem

テーマ・スキンパック

今回は以下のものを用いています。190円です。

あわせて読みたい
Swift Black Substratum Theme + - Apps on Google Play The Substratum theme with more than 200 pitch black app overlays

探せば無料のものも結構あるので「Substratum theme」などで検索しましょう。

初期セットアップ

「Substratum」を起動するとチュートリアルが始まるのでサクサク進めていきます。
メイン画面が起動したら、インストールしたテーマを選択します。今回は「Swift Black」です。

テーマのインストール

スキンにもよりますが、Androidのバージョンを選択する必要がある場合があります。
リストにない場合は「AOSP」や「Pixel」を選びましょう。

テーマの画面に表示されているアプリは、端末にインストールされているアプリの中でテーマが対応しているアプリです。

テーマをインストールしたいアプリにチェックを入れ、右下のオーバーレイしそうなボタンをタップ。
「Build & Install」をタップします。

テーマの適用

インストール後は一度端末を再起動します。

再起動後、再度Substratumを起動し、テーマを選択し、テーマをインストールしたアプリにチェックを入れ、右下のオーバーレイしそうなボタンをタップ。
その中から「選択された項目を有効化」をタップします。

これで完了です。

スポンサーリンク

Google Playに適用した場合

適用前

Swift Blackの適用後

対応アプリはアプリ詳細から確認可能

テーマの対応アプリはたいていGooglePlayの詳細に表示されています。
「Swift Black」の場合はこちらから確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次