「Xiaomi」の端末をブートローダーアンロックする手順

Androidカスタマイズ
スポンサーリンク

今更ですが、Xiaomiの端末のブートローダーアンロックの手順を解説します。

スポンサーリンク

端末側の設定

開発者オプションの表示

他の端末と手順が異なります。
Xiaomiの端末の「MIUI」では「MIUIバージョン」を数回タップします。

「設定」→「デバイス情報」→「すべてのスペック」→「MIUIバージョン」

MIアカウントの追加

「設定」→「Miアカウント」からアカウントを追加します。

あとでもう一度このアカウントは入力するのでしっかり覚えておきましょう。
また、FacebookとGoogleでのログインも可能ですが、Googleでログインした場合にはアンロックで使用できません。注意しましょう。

開発者オプションから設定

「設定」→「その他の設定」→「開発者向けオプション」を開き、「OEMロック解除」にチェックを入れます。

次に、その少し下にある「Mi アンロック状態」をタップし、「アカウントとデバイスを追加」をタプします。
※このとき、Wi-Fiをオフにし、SIMカードを挿入しモバイルデータ通信を有効にしておく必要があります。

成功すると「Miアカウントはこのデバイスに関連付けされています」と表示されます。

fastbootモードを起動

一度端末の電源を切り、音量ボタンマイナスと電源ボタンを長押しします。
すると以下のような画面になります。

PC側の手順

PCとUSB接続

Windowsと搭載したパソコンにUSBケーブルで接続します。

Mi Unlockを起動

以下のリンクからMi Unlockをダウンロードし、中の「miflash_unlock.exe」を起動します。

Apply for unlocking Mi devices

「Agree」をクリック

先程端末でログインしたMiアカウントでログイン。

端末が接続されていればこの画面になりますので、「Unlock」をクリック。

本当にアンロックしますか?と2回位聞いてくるので「Unlock anyway」をクリック。

これでアンロックが進みます。

エラーで終了する場合

以下のように、時間が表示されてアンロックが終了しない場合、その表示された時間待つ必要があります。以下の場合はあと47時間です。

基本的に最近のXiaomi端末は360時間必要になっています。

先輩
先輩

長スギィ!

アンロック完了

完了するとこのような表示に。

端末を起動すると解錠された鍵アイコンが表示

起動時に「Unlocked」と表示されるようになります。

あとはTWRPを焼いてMagiskを入れるなりROMを焼くなりしましょう。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました