Android 9.0以降でも「スリープ時にWi-Fiをオフ」を実現する方法[Macrodroid]

自動化
スポンサーリンク

主にタブレットでのバッテリー持ちに貢献してくれる「スリープ時にWi-Fiオフ」というオプションですが、Android9.0以降で削除されています。実は表面的に消えただけで内部的には・・・とか期待してましたがだめだったので「Macrodroid」で再現してみました。

ちなみにこのオプション、Googleはバッテリー持ちに変化がないからとか言ってますが、タブレットをたまにしか使わない(≒充電せずに放置する時間が長い)人には効果が高いのでおすすめです。
(ちなみにAmazonのFire HD8はAndroid 9.0ベースながらこのオプションが独自で実装されている)

逆に、頻繁に使用するスマホなどではGoogleの言う通り効果は少ないと思います。

スポンサーリンク

ダウンロード

MacroDroid - デバイス自動化 - Google Play のアプリ
MacroDroidは、タスク自動化で実行したり、設定を適用したり、強力なアプリです。シンプルなUI (画面操作や画面構成) や、1つずつ順番に設定していくウィザード方式を取り入れて、使いやすさを重視しています。 MacroDroidで自動化の例: 特定のアプリを起動したときに、WiFiをONにする、そのアプリを閉...

この機能の実現には「Macrodroid」という多機能の自動化アプリを使います。
シンプルでわかりやすく、日本語化対応、基本無料という最高のアプリ。
無料版では作成できるマクロが5つまでに制限されますが、今回の方法は3つで実現可能なので課金は必要ありません。

マクロの設定ファイル

配布したほうが早そうだったのでこちらのファイルをダウンロードしてお使いください。

MacroDroid_WiFi_OFF.mdr

マクロのインポート方法

「Macrodroid」のメイン画面から「エクスポート/インポート」をタップし、インポートの方の「ストレージ」をタップ。

あとは先程の設定ファイルをタップすれば自動でインポートされます。

マクロの動作と条件

以下の3つを組み合わせて満足な動作ができました。
YouTubeのバックグラウンド再生時などはオフにしないようにしています。

充電時にもWi-Fiをオフにしたい場合は下線部を無効にしましょう。

・スリープした時にWi-Fiオフ

※メディア再生をしていない
※充電していない

・1時間おきにWi-Fiオフ

※画面がオフ
※充電していない
※メディア再生をしていない

・スリープ解除時にWi-Fiオン

スポンサーリンク

機内モードとの併用は不可

機内モード設定時は、MacrodroidからWi-Fiのオン・オフを切り替えれないようです。
LTE版Galaxy Tab S6で機内モード運用していたらドツボにはまったのでご注意を...

モバイルデータ用SIMをさして普段は機内モードで無効化している、という私のような運用には不向きですね。
おとなしく使うときだけSIM挿しましょう...

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

自動化
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました