「APKPure」:自動インストール機能を備えたAndroidアプリ(APK)ストア

Androidのアプリストアといえば「Google Play」ですが、一部のAndroid、及びカスタマイズされたAndroid OSを搭載した端末はGoogle系のアプリがないこともしばしば。

そんなときのストアアプリの代替として便利なアプリが「APKPure」です。APKPureはAPKファイルの配布を行うサイトで、今回のアプリはそのサイトをアプリにしたものです。

「APKPure」では。GooglePlayに配布されているアプリのほとんどが配布されており、最新版のほか、過去バージョンもダウンロード可能で、なんならGooglePlayでは配布できないような野良アプリも配布されています。

目次

ダウンロード

「APKPure」アプリのダウンロードは公式サイトよりダウンロードできます。

あわせて読みたい

アプリはAPKファイルで配布されています。インストールはこちらの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

使ってみた

起動後の画面はこんな感じです。

もちろん検索も可能。GooglePlayで配布されているアプリはほぼ全て網羅されており、また、GooglePlayでは見られない「KeepVid」などの野良アプリも一部配布されています。

なんか検索候補に変な単語が見えるけど見なかったことにしよう…

アプリをタップすると詳細を開くことができます。「インストール」をタップすると、APKファイルのダウンロードが始まり、完了するとインストールダイアログが表示されます。

自動インストールを行う方法

このアプリの特徴として、設定を行えばAPKを自動でインストールしてくれます。

右下の「マイ」をタップし、右上の歯車マークをタップします。

次に、「自動的にインストール」をタップします。
するとユーザー補助の許可を求められるので、手順に従ってONにすれば完了です。

仕組みとしてはユーザー補助の権限でAPKを開いたときに表示される「インストール」ボタンをタップしてくれるだけのシンプルな機能です。

ちなみに、この設定をONにしておくと、別のアプリから通常通りAPKをインストールする場合にも自動でインストールしてくれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 今までガラホにはAmazonアプリストアを入れてたけど、このAPKPureは比べ物にならないほど便利でビビりました。
    他のAndroidの記事も便利な小ネタが多くてはかどります。ありがとう!

コメントする

目次
閉じる