Android端末の物理ボタンに機能を割当/変更できる「ButtonMapper」

便利ツール
スポンサードリンク

Xperia Z3を修理に出すのが来週くらいになりそうなので、それまでどう凌ぐか考えていたら、たまたまいいアプリを見つけたので使ってみました。
なかなかおもしろいアプリです。キーを入れ替えたりすることもできます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ダウンロード

名称:ButtonMapper
価格:無料(一部有料機能あり)

できること

機能を割り当てられるボタン

※:有料版が必要

・戻るボタン※
・メニューボタン※
・カメラボタン※
・ボリュームボタン
・ヘッドセットボタン

などがデフォルトで設定可能。

メーカーや機種独自のボタンは手動で追加することが可能で、
つまり物理ボタンであればすべて機能の割り当て、変更が可能です。

ボタンそれぞれに「1回押し」「2回押し」「長押し」があり、それぞれ違う機能を割り当てることができます。

割り当てることができる機能

・ホーム
・戻る
・アプリ履歴
・メニュー
・前のアプリに戻る(クイックスイッチ)
・前面アプリ終了

・画面オフ
・ライト切り替え
・電源メニュー
・スクリーンショット
・マルチウィンドウ
・Tasker
・Do not distrub(通知オフ)
・サイレント/マナーモード切替
・ミュート
・ボリューム+
・ボリューム-
・音楽を戻す
・音楽を飛ばす(スキップ)
・音楽の再生/一時停止
・クイック設定
・通知の表示
・明るさ+
・明るさ-
・Wi-Fiの切り替え
・自動回転の切り替え
・検索
・Google Assistant
・Now on tap

※端末やOSバージョン等により、一部動作しない、表示されない機能があるかもしれません。
例:Android6.0の端末でマルチウィンドウ(Split Screen)

また、Root化している場合ではRoot権限を与えると更に選択肢が増えます。

実際に設定してみた

Xperia Z3では、このように設定しています。
Screenshot_2017-09-03-13-09-03


今はナビゲーションバーがほとんど反応しないので、
ナビゲーションバーを完全に非表示にして、広い画面を保ちつつ、
操作もできるようにしてみました。

・ボリューム+ボタン
1回:アプリ履歴
2回:音量をあげる
長押し:前のアプリに切り替え

・ボリューム-ボタン

1回:戻る
2回:音量を下げる
長押し:ホーム

というように設定しています。

このアプリを使用する前は、画面上にナビゲーションボタンをフロート表示していましたが、誤タップが多くてうんざりしていました。
これで操作自体は問題なくできます、が、画面右上のボタンが全く反応しないのが結構つらいですが笑


ちなみにZ4 tabletでも設定していて、
ボリューム+ボタンを長押し:自動回転の切り替え
ボリューム-ボタンを長押し:Google Assistantの起動
に設定しています。

結構便利です。

他にも端末の「戻るボタン」と「アプリ履歴」を入れ替えることもできますし、無駄なボタンを無効化することもできます。
自分の思い通りのカスタマイズが可能です。

もとに戻す場合

「Button Mapper」をアンインストール、または、
「ユーザー補助」から「ButtonMapper」を無効化することでボタンが機能するようになります。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

便利ツール
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄 質問・感想など何でもOKです。