MIUI機能/設定

Xiaomiスマホに搭載の「MIUI」で使えるおすすめの便利設定「5つ」

スポンサーリンク

Xiaomiのスマホ/タブレットに搭載されているAndroidのカスタムUI「MIUI」ですが、素のAndroidとは全く異なるデザイン・操作感のため、好みが分かれるUIとなっています。ただ、そのぶんMIUI独自の機能もかなり豊富です。

今回はその中から個人的におすすめしたい機能と設定を5つ紹介します。

※今回の記事では、Android 10ベースのMIUI12を搭載した「Mi 9」を使用しています。機種によっては機能が存在しない場合や、異なる場合があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボタンショートカット

「電源ボタン2回押し」や、ナビゲーションボタンにアプリ起動などのアクションを割当できる機能です。ここまではまだ他のメーカーの機種にもあったりしますが、この機能の便利な点は「カメラの起動」「ライト点灯」も割当できることです。

例えば、「電源ボタン2回押し」に「カメラ起動」を割り当てれば、ロック状態でもアプリ使用時でも、電源ボタンを2回押しするだけで「カメラ」が起動します。ロック状態からでも使えるのがかなり便利。

「設定」→「追加設定」→「ボタンのショートカット」

スポンサーリンク

常時オンディスプレイ(有機ELのみ)

この機能は有機ELパネルを搭載している機種にのみ設定可能です。

常時オンディスプレイというのは、その名の通りスマホをスリープ/ロックしている状態でも、常に画面に時計や通知を表示してくれる便利機能です。この機能自体は「Google Pixel」シリーズなどにも搭載されている定番機能なのですが、MIUIはこの機能のカスタマイズ性がかなり高いです。

「設定」→「常時オンディスプレイとロック画面」→常時オンディスプレイ

このようにかなりのバリエーションからデザインを選択でき、さらにそこから表示する項目や色を選択可能。

実際に設定して表示したのがこちら。左のようなシンプルなものから、右のような派手なものもOK。ちなみに、右のは「Super Wallpaper」というMIUI独自のド派手な壁紙を適用すると使えます。

スポンサーリンク

アプリ毎に「Force Dark」有効/無効化

「Force Dark」というのは、Android 10以降の開発者向けオプションに存在する機能で、ダークテーマ非対応のアプリを強制的にダークモードにできる機能です。これにより、「Amazonショッピング」アプリなどもダークテーマ化できて便利なのですが、この設定はすべてのアプリに適用されてしまうため、一部表示がおかしくなるアプリも出てきます。

それを個別に設定できるため、正常にダークテーマ化できるアプリのみに適用することが可能です。

「設定」→「ディスプレイ」→「ダークモード」を有効化

「その他のダークモードオプション」

アプリ履歴のUIを変更

MIUIはアプリ履歴のUIが独特で、横2列で縦スクロールするようになっています。個人的にこのUIが苦手なのですが、最近のアップデートで通常のAndroidのように横並びのUIに変更できるようになっています。

ホーム画面のなにもないところを長押し→「設定」→「その他」→「”最近のタスク”でアイテムを配置する」
 

縦(MIUIデフォルト)横(Android標準に近いUI)

アプリごとに音量調整

複数のアプリから同時に音声が流れている時、例えばゲームをしながら動画をバックグラウンド再生している時に、動画の音が聞きづらいからゲーム音だけ下げたいと思うことってありますよね。

こういうときに役立つのがこの機能です。この設定を有効にすると、音量ボタン操作時に音符マークが表示され、これをタップすることで各アプリの音声を調整できます。

「設定」→「サウンドとバイブレーション」→「サウンドアシスタント」→「複数のアプリでメディアサウンドを調整する」

この設定をONにすると、ボリュームボタンを押したときに左側にボタンが追加されます。これを押すと、音声を出力しているアプリが表示され、個別に調整できるようになります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

  1. Redmi 9tだとできなかったです

タイトルとURLをコピーしました