Xiaomi 小型掃除機レビュー:USB-C充電、小型でもそこそこの吸引力。車載/机用に最適

家具/家電
スポンサーリンク

Xiaomiのブランドである「Miija」から発売されている「Mi Vacuum Cleaner Mini」を購入しました。日本未発売の製品ですが、日本のAmazonで他の出品者によって出品されていたのでそこから購入。まあ届くのに時間がかかったので中国からの直輸入でしょうけど...

Xiaomiが日本国内でもこの商品を販売開始しました。Amazon.co.jpから購入できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

主なスペック

Mi Vacuum Cleaner Mini
吸引力13,000 Pa
重量約0.5kg
充電ポートUSB-C
稼働時間標準モード:30分
強力モード:9分
実売価格5,940円(Amazon,co.jp

吸引力をPaで書かれてもしっくりこない方も多いかと思いますが、Ankerの「Eufy HomeVac H11」という同種の製品は「5500Pa」となっているため、単純比較で2倍以上の吸引力ということになります。小型掃除機にしては強いかな?くらいに思ってもらえれば。

公式HP:https://www.mi.com/global/mi-vacuum-cleaner-mini

開封

Amazonで購入。価格は6,000円。パッケージは中国国内向けのものみたいです。

箱は裏がパカッと開きます。

付属品

本体のほか、先端のブラシ、延長用のアダプタ、USB-Cケーブル、説明書(中国語のみ)。

本体

サイズ感はこんな感じ。左は「iPhone 12 Pro」。持ってみると結構ずっしりしていて、サイズの割には重く感じます。

本体には持ちての部分に電源ボタンと電源ランプ。下部(底面)には充電用のUSB-Cがあります。「USB-C」ですよ「USB-C」。

本体だけでも使うこともできますし、先端にブラシを付けたり、奥の方を掃除したい場合には延長アダプタを取り付けできます。

ゴミを取り出す場合は上部のロックをスライドさせ解除した後、ボタンを押すと開きます。

電源ボタンを一回押すと「標準モード」、もう一度押すと「強力モード」、もう一度押すと電源が切れます。
「強力モード」はかなり吸引力が強く、丸めたティッシュをあっさり吸引。

Mi Vacuum Cleaner Mini:吸引力テスト

まあ、手でとったほうが早いんですけどね。

車で試す

ちょうど車をしばらく掃除していなかったので、これで掃除してみました。

Mi Vacuum Cleaner Mini:車で実際に使ってみた

動画内では常に「強力モード」で使用していますが、車の床の繊維に絡みついたゴミもそこそこ取れて、十分使えるレベルです。

10分ほど掃除してこのくらい取れました。フィルタやダストボックスは分解できるので、細かいゴミも取り除きやすく、水洗いもOKとのこと。

ちなみに、稼働時間については概ね公表通りで、10分ほど強力モードで掃除していると、赤ランプが点灯し、標準モードでしか稼働しなくなりました。

なお、充電しながらの使用は不可能です。

スポンサーリンク

車や机においておくのに最適

ちょっとした時に気軽に使える掃除機として最適だと思います。個人的に感じた欠点としては、収納ケースなどはなく、アダプタなども一緒に保管する場合にかさばってしまうことです。私はDAISOで適当なポーチを買ってきてそれに入れています。

ただ、リチウムイオンバッテリーを搭載しているため、夏の車内など高温となる場所での保管はしないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

家具/家電
スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました