スポンサードリンク

Windows10搭載パソコンにスマホの画像を手軽に送信できる「Photos Companion」

画像
スポンサードリンク

スマホやタブレットで撮影した写真やスクリーンショットをパソコンに移す手段は多いですが、
USBケーブルが必要であったり、無線の場合でもソフトの導入が必要であったりと少し面倒です。

「Photos Companion」は、Microsoft純正のアプリで、Windows10の標準アプリの一つ「フォト」と連携して画像の送信ができるアプリです。
ソフトを追加でインストールするのは不要なため、手軽にできるということはもちろん、送信はWi-Fi経由で行われるため非常に高速です。

スポンサードリンク

ダウンロード

スマホ、タブレットに以下のアプリをインストールします。

名称:Photos Companion
価格:無料

iPhoneにも対応しています。

‎Photos Companion
‎Photos Companion, a Microsoft Garage project, is an easy way to move photos and videos from your phone to Microsoft Photos on your PC. Photos Companion works ...

確認事項

パソコンが以下の要件を満たしているか確認しておいてください。

・Windows10を搭載していること(プリインストールされている「フォト」が必要なため)
・スマホと同じWi-Fiに接続していること(有線接続では不可)

今回はXperia Z3とデスクトップPCでテストしています。使用したパソコンが有線のみ対応のため、USB接続の無線LANアダプタを接続しています。

画像の送信(インポート)方法

このアプリを使用した送信方法は実験的な機能なようで、初回のみ「フォト」の設定が必要です。

初期設定:フォトの設定(初回のみ)

フォトを起動します。

右上にある「・・・」をタップし、「設定」を開きます。

「Wi-Fi経由でのモバイルインポート…」にチェックを入れます。これで設定は完了です。

※この設定項目がない場合はWindows10のアップデートを行う必要があります。

手順1.PC側でQRコードの表示

左上の「インポート」をクリックし、「Wi-Fi経由でモバイルから」をクリック

このようにQRコードが表示されます。
※画像では念のため隠しています。

手順2.スマホでQRコードを読み取り送信

スマホ側でアプリを起動させると以下のような画面になりますので、
「Send Photos」をタップします。

自動的にカメラが起動するので、先程のQRコードを映します。
認識されると自動的に画像選択画面に移行します。

画像一覧が表示されます。
PCに送りたい画像をタップして選択します。
すべて選んだら「Done」をタップします。

これで自動的に送信されます。
今回は上記の画像とは別にこの記事に使用しているスクリーンショットなど、計5枚送信してみました。
スクリーンショットは一枚100KB~2MBのものがあり、合計は3.26MBでしたが。
それらの送信にかかった時間はかなり短く、3秒ほどでした。

スポンサーリンク

送信した画像の場所

アプリから送信した画像はフォトで確認できる他、
ライブラリの「ピクチャ」内にある「Imported from Photos Companion」の中に保存されています。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

画像便利ツール
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄