スポンサードリンク

Le Pro3 Elite(x722)を文鎮から復活させる方法(Unbrick)

Le Pro3 Elite
スポンサードリンク

ついにx722のqfilが掘り出され、復旧ができるようになりました。
今回見つかったQFILはおそらくメーカーのテストROMのようですが、復旧自体は問題なく可能でした。ただ、内部ストレージの容量がおかしいので、それの復旧方法も記載しています。

スポンサードリンク

用意するもの

・文鎮(Le Pro 3 Elite)
・USBケーブル
・Windowsパソコン

ダウンロードするもの

以下の4つをWindowsパソコンにダウンロードします。
FlashOne
Qf722.zip
Update.zip
TWRP

手順

FlashOneの準備

FlashOneのみ、解凍します。
その中の「main.exe」を起動します。

起動したらこのようになります。
ひとまずこのままにしておきます。

文鎮をEDLモードにする

この時点でUSBケーブルでパソコンに接続しておいても構いません。
その状態で、音量ボタンのプラスとマイナスを両方押しながら電源をONにします。
すると、PC側でスマホを認識するはずです。
(スマホの画面は真っ暗なままです。)

↓デバイスマネージャでは以下のように認識

FlashOneでQFILを焼く

先程起動したFlashOneの設定を選んでいきます。
以下のようにそれぞれ選んでください。

Flash Type:Qualcomm – flash dead phone
Select Device:「Refresh」をクリックすると 、デバイスが認識されます。
Flash File:先ほどダウンロードした「Qf722.zip」を選択

選択が完了したら「Flash」をクリック

完了すると以下のようなメッセージが表示されます。

完了後、ケーブルを取り外し、起動すると、以下のようなROMが起動します。
見るからにテストロムですね。

テストロムのせいか、内部ストレージ容量がおかしくなっています。本来は20GBほど領域があるはずです。

公式ファームを焼く

ダウンロードしておいた「Update.zip」をLe Pro 3 Eliteの内部ストレージにコピーしておきます。

MTPモードで認識しない場合はUSBデバッグを無効化しましょう。
以下はUSB接続時に表示されます。

このとき、フォルダ等ではなく、内部ストレージに直接コピーします。

あとは、電源をOFFにし、音量プラスを押しながら電源を入れ、リカバリモードを起動します。

そして、上の項目にチェックが入っていることを確認して、右下のボタンをタップするとファームウェアの上書きが始まります。

終わった後起動すると、容量自体は認識できているのですが、パーティションがおかしいようです。

TWRPを起動してdataをフォーマット

fastbootモードは音量マイナスを押しながら電源ONで起動します。

fastboot boot (twrpのファイルパス)

「Wipe」→「Format Data」→「yes」と入力しEnterという手順で完了です。

これで内部ストレージが正常になりました。

これで完全に元通りになったはずです。

スポンサーリンク

TWRP焼いてROMを焼くなりなんなり

あとは普通にROM焼くなりそのまま使うなりなんでもOKです。
以前よりも対応ROMの種類が更に増え、Android9.0ベースのものも出てきているので、更に遊べそうです。
私はひとまず、以下のTWRPとROMを焼きました。

TWRP

Download TWRP for zl0
Download TWRP Open Recovery for zl0

ROM

[ROM] [PIE 9.0] [ALPHA] [Pixel Experience] (Pro3 aka zl1, zl0, X727,X720,X722)
Thread closed at OP request Download pie here: Clean flash (wipe the system, cache, dalvik cache, and data), and use the latest official twrp What works:…

ソース

今回のQFILファイルは以下のスレッドのzipファイル内より抜き出したものです。

https://forum.xda-developers.com/le-pro3/leeco-le-pro-3-elite-model-x722-guides-development&?#8211;and-mods/qfil-x722-t3846553
最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

Le Pro3 Elite
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄