お知らせ
Twitterアカウントを作成し直しました。
こちらをフォローし直してくださると助かります。

@SMART_ASW

Fire HD8 PlusにAPKをインストールする方法、YouTube Vancedの導入も可能

Fireタブレット/FireTV
スポンサーリンク

FireタブレットはGooglePlayが搭載されていないなどカスタマイズされてはいますがAndroidベースなので、APKの導入も簡単に可能です。最新のFire HD8シリーズはAndroid 9.0ベースなので普通のAndroid9.0端末と同じ方法でAPKをインストールできます。もちろん野良アプリの代名詞的存在になっている「YouTube Vanced」も導入可能です。

スポンサーリンク

設定不要でインストール時に権限付与でOK

Android 8.0以降ではAPKをインストール時に許可する方式に変わりました。
インストールしたいAPKファイルを「Silkブラウザ」でダウンロードし、通知からタップ。
許可載せていを求められるので「設定」をタップ。

「このソースを許可」の右のチェックを入れ、戻るボタンをタップ。最後に「インストール」をタップでOK。

↓無事「LINE Lite」がインストール完了。

「32bit」のみ対応なので注意

最近の多くのAndroid端末は64bitがほとんどですが、Fire HD8 Plusは32bitで動作しているようです。
APKをダウンロードする際、「arm64」と記載があるものはインストール出来ないので注意です。

↓APKMirrorの例、64bitのみ対応のAPKは「arm64」と記載あり。

特に記載がない場合や、「arm/arm64」などどちらも記載がある場合は基本的にインストールできるかと思います。

↓arm64のAPKファイルをインストールするとエラーに。

YouTube Vancedの導入方法

※YouTube Vancedは最近「Vanced Manager」アプリ経由で2つのAPKをインストール方法に変更されましたが、Fire HDシリーズでは「Vanced Manager」が動作しないようなので以前と同じようにAPKを直接インストールします。

SAIのインストール

YouTube Vancedのインストールに必要なアプリです。
上記の方法でインストールします。

Split APKs Installer (SAI) 4.2 APK Download by polychromaticfox - APKMirror

YouTube VancedとMicroGのダウンロード

Mediafireより二つのパッケージをダウンロード。

YouTube Vanced

以下のどちらかをダウンロードします。違いはダークテーマ設定時の色です。

ダークテーマ版

ブラックテーマ版

MicroG

MicroG for Vanced

YouTube Vancedのインストール

通知からYouTube Vancedのファイルをタップ。開くときに選択肢が出たら「SAI」をタップし、「常時」をタップ。

「YES」→「インストール」→「OK」という順番でタップしていけばOK。

MicroGインストールで完了

MicroGは普通にインストールすればOK。

YouTube Vancedが普通に動作

Googleアカウントへのログインや動画視聴など全て問題なく行なえます。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

Fireタブレット/FireTV
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました