Androidの Chrome が64bit版へ移行、Chrome Canaryでベンチマーク比較

Android版のGoogle Chromeがv84から64bit版に移行するようです。
(そもそも今まで32bitだったこと知らなかった…)

現在、Chrome Canaryがv84にアップデートされており、バージョン情報ページから64bit版であることを確認できます。32bit版と64bit版のソフトでは動作速度に差が出るとよく言われているのでベンチマークで比較してみました。

目次

ダウンロード

Chrome Canary

あわせて読みたい
Chrome Canary (Unstable) - Apps on Google Play Warning: experimental. Tap "Read More" for details.

スポンサーリンク

バージョン情報の表示

chrome://versions

これをアドレスバーに入力します。

「Chrome beta」は32bit、「Chrome Canary」は64bitと表示されていることがわかります。

ベンチマーク

適当に探したベンチマークで比較。

あわせて読みたい

機種はAndroid10のカスタムROMをインストールした「Xiaomi Mi9」。

JetStream2

64bit 32bit

motion mark

64bit 32bit

speedometer

64bit 32bit

スポンサーリンク

ベンチマーク性能はかなり向上

どのベンチマークもスコアが上がっており、特に負荷が重そうだった「motion mark」では1.5倍以上の差が出ています。実際使ってるぶんにはほとんど差は感じないですがね…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる