レビュースマホ/タブレット周辺機器

スマホから「Bluetoothイヤホン」を充電したい方におすすめなケーブル

スポンサーリンク

最近イヤホンジャックの廃止の流れで一気に普及したと思われる「Bluetoothイヤホン」ですが、その充電をスマホでできたら便利だと思った方はいるはず。
今回はそんな方におすすめのケーブルを紹介します。

スポンサーリンク

注意

今回のケーブルはスマホ側が「USB Type-C」、イヤホンが「MicroUSB」の場合に使用できるケーブルです。
また、今はほぼすべての機種が対応していますが、USB OTGに対応している必要があります。
USB機器が使える(≒USB機器に給電できる)機能のことです。

Type-C to MicroUSBケーブル

大抵のBluetoothイヤホンはいまだに「MicroUSB」が主流となっています。理由としてType-Cよりも薄く、コストが掛からないという点があるからですね。しかし、スマホ側はiPhoneや廉価機種以外はたいてい「Type-C」になっています。そのため、直接つなぐためにこのような特殊なケーブルが必要になります。

Amazonベーシック USBケーブル 15cm (タイプC - マイクロ2.0タイプB) ブラック
Amazonベーシック(Amazon Basics)は、お客様に高品質の商品を低価格でお届けすることを目的とした、Amazon グループが全世界で展開するブランドです。Amazonベーシック 1年間限定 日本国内保証付き。

↓このようにつなげるだけで充電できます。

ちなみにこのケーブルはType-Cの規格に準拠して逆には流せないようになっているため、、MicroUSBポートからType-Cへの充電は不可です。

以下の写真はXperia Z3のOTG対応のMicroUSBに、Type-Cでの入力に対応した「Anker PowerCore 13000 USB-C」を接続した状態です。
モバイルバッテリーのLEDが点灯していないのがわかります。

もっと安価にこのケーブルを作る方法

要はType-CとMicroUSBが接続できればいいので、DAISOなど100円ショップでも販売されている「Type-C to USB変換アダプタ」と、同じく100円ショップやほとんどBluetoothイヤホンにも同梱されている「MicroUSBケーブル」を組み合わせれば同じように使えるケーブルの完成です。

問題なく充電可能。

関西のおじさん
関西おじさん

おぉ~ええやん(満足)
なんぼなんこれ?

こちら216円となっております。

関西のおじさん
関西おじさん

うせやろ?
日本一やお前!

デメリットとしては、アダプタを挟むのでかさばったり、抜けやすかったりすることですね。

関西のおじさん
関西おじさん

はぁ~つっかえ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました