1万円台でSD820!超コスパのスマホ「Le Pro3 Elite」を購入したのでレビュー

Le Pro3 Elite
スポンサードリンク

中国の通販で以前から2万円前後で購入できる激安ハイエンドスマホ「Le Pro3 Elite」が
Banggoodで2万円を切っていたので、購入してみました。
この機種は発売から既に半年くらい経っており、基本的な情報はある程度出揃っているのでレビュー自体は軽めにしたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Le Pro3 Eliteのスペック

中国のLeTVより発売されているスマホです。

私はBanggoodというサイトで購入しました。(商品ページ)
1/25に注文して2/11なので大体2週間ちょいくらいで届きました。

スペックを現在使用しているXperia Z3と比較してみます。
Xperia Z3はもう3年前のスマホなので差があるのは当然ですが、
最新のものと比較してもLe Pro3 Eliteのコスパは半端じゃないです。

モデル名Le Pro3 EliteXperia Z3
OSEUI5.8(Android6.0)※Android6.0(docomo版)
ディスプレイ5.5インチ(フルHD)5.2インチ(フルHD)
CPUSnapdragon820Snapdragon801
GPUAdreno 530Adreno 330
ストレージ32GB(UFS2.0)32GB(eMMC)
RAM4GB(LPDDR4)3GB
カメラインカメラ:8.0MP
アウトカメラ:16MP
インカメラ:2.2MP
アウトカメラ:20.7MP
バッテリー4070mAh3100mAh
拡張スロットなしMicroSDXCスロット
充電/通信ポートUSB Type-CMicroUSB
寸法(縦*横*厚み)
重量
151.4mm*73.9mm*7.5mm
175g
147mm*73mm*7.4mm
154g
その他DSDS対応
赤外線機能
QuickCharge3.0
指紋認証
NFC、Felica
QuickCharge2.0
ワンセグ/フルセグ
防水防塵
手袋モード
MicroSDXCスロット

充電、通信ポートはUSB Type-C、MicroSDカードスロットはなしとなっています。

このスペックで、購入時の価格は¥18474でした
今丁度セールをやっていて¥17565で購入できるみたいです。
気になる方は以下を覗いてみてください。
Banggood:Le Pro3 Elite 商品ページ

また、モバイルデータの対応バンド、周波数は以下のようになっています。

2G GSM 850/900/1800 / 1900MHz
CDMA BC0 / BC1
3G WCDMA:B1/2/4/5/8
TD-SCDMA:B34 / 39
EVDO BC0 / BC1
4G FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/20
TDD-LTE:38/39/40/41

 

開封

中国の通販でスマホを買うのは初めてで、よく箱が潰れているという話を聞きますが、
今回はしっかり梱包されており、箱はほぼ無傷でした。

箱はこんな感じ

開けるとこんな感じ。

本体と付属品。
わかりづらいですが、本体にケースが装着された状態でした。

スマホの背面はこんな感じ
ケースを付けた状態でも高級感が伝わってきます。

特にこのカメラと指紋センサーのテカり方がすごい高級っぽい(適当)

付属のケースはTPUケースで、TPUの中でも柔らかめな部類に入ります。
装着や取り外しはかなり簡単です。カメラの出っ張りと同じくらいの分厚さになっています。

SIMはデュアルSIM対応で、DSDSが可能
開閉に付属のピンを使用するタイプです。

ちなみに、ケースは付属していますが、フィルム等は貼られていません。
ただ、ガラス自体強そうなのと、指すべりもかなりいいので、私はフィルムなしで使おうと思っています。

ソフトウェア

起動し、セットアップが完了した状態がこちら

端末情報はこんな感じ。
Playストアが入っているので「公式US版ロム」か「ショップROM」のどちらかですね。

初期のストレージ容量はこんな感じ
空き容量が少なめ(32GBの端末だとだいたい29GBくらい)のは、ストレージ内にシステムのフルバックアップ(4GB程度)が格納されている為みたいです。

全アプリ一覧はこちらです。
※クリックするときれいな画像が表示されます。

ちなみに、このような縦長のスクリーンショットは、標準の状態でホームボタンを長押しし、「Scroll」をタップすると可能です。

電源メニューはこんな感じ。ぼかしがかかっておしゃれに見えます。

設定項目の中でも、これは重要だと思います。
この項目は、アプリ履歴と戻るのボタンを入れ替える機能です。
ただし、LEDのマークは変わりません。

この機種の独自機能の一つに、赤外線機能があります。
リモコンアプリがプリインストールされており、日本のテレビなども操作できました。
ただ、これはいらないかな…

標準のOSである、EUIは結構機能が豊富です。
このままでも普通に使えると思います。
(ただし、アマゾン等のレビューでは設定次第でバッテリー消費が激しかったりするようなのでそこら辺は注意)

ベンチマーク

Antutu benchmark 7.0.4

A1SD Bench

なかなかのスコアが出てます。
これが18000円で買えるってとんでもないですね。
ストレージの速度はとても早く、ファイルのコピーを行ったときは特に顕著に感じられます。

その他

USB Type-C端子はUSB3.0対応とどこかの海外サイトで聞いたのですが、3.0対応のケーブルだとやたら認識が遅かったり、
ファイルの転送が始まらなかったりしました。
ただし、ケーブルは一本しか試してないので、相性の可能性もあります。
また、USB Type-Cの機能の一つである、Alternateモード(HDMI出力できる機能)を試してみましたが、
ノイズが乗るだけだったのでこれには対応してないっぽいです。
指紋認証のある端末は初めて使用しましたが、今のところ不満はなく、触るだけで認証+起動なので快適です。

ちなみに、この端末はカスタムROMを入れること前提で購入したので、
すでにOSは別のROMが入ってます。そこら辺も軽く記事にする予定です。

端末についての質問などありましたらコメント欄にてどうぞ。
ただし、EUIについての質問は答えられないかもしれません。

この端末の購入は以下から行えます。
Banggood:LeTV Leeco Le Pro3 Elite X722 5.5-inch

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

Le Pro3 Eliteレビュー
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄 質問・感想など何でもOKです。

  1. より:

    スナップドラゴン821搭載ですよ!

    • useful_gadget より:

      おそらく勘違いされているようです。
      Le Pro3 Elite(x722):snapdragon820(今回の機種)
      Le Pro3(x720):snapdragon821

      このように似たような名前ですがスペックが少しだけ異なります。
      少しだけEliteのほうが安いのでこちらを選んでみたという感じです。

  2. より:

    すごい…
    中華スマホはときどき調べますけど
    こんなスマホがあったとは!