【Root不要】FireTVシリーズの”ホーム画面”を別のランチャーに変更する方法

おすすめ記事
スポンサーリンク
最新バージョンでADBコマンドが必要になったのでその手順に置き換えました。
FireTV Stick(2015)、FireTV Stick 4Kで動作確認済みです。

スポンサーリンク

必要なもの

・FireTV ※
・パソコン ※

※同じネットワークに接続している必要があります。
また、パソコンはADBコマンドを使用するのでまだの方は以下の記事で環境を整えてください。

Windowsパソコンに1分でADB環境を導入できる簡単な方法
Windows環境でADBを簡単に導入する方法を紹介します。 Android SDKの導入入らずで簡単に導入できます。 パソコンに慣れている方はダウンロード含め1分もかからないんじゃないかと思います。 初心者でも簡単にできますのでぜひ...

必要なアプリ

以下の2つのアプリをFireTVにインストールしておいてください。
Apps2Fireを用いた方法がおすすめです。
Apps2Fireを用いたインストール方法は以下より

FireTVにアプリを遠隔インストールできる「Apps2Fire」の使用方法
FireTV(Stick)にAPKをインストールするのに便利なAndroidアプリ 「Apps2Fire」の導入方法と使用方法を簡単に紹介します。

LauncherHijack

BaronKiko/LauncherHijack
For Amazon Fire Tablets and TV's. Contribute to BaronKiko/LauncherHijack development by creating an account on GitHub.

任意のランチャーアプリ

※おすすめは「AppStarter」というランチャーです。
元々FireTVのランチャー置き換え用に開発されたものなので、
リモコンで操作しやすく開発されています。
FireStarter:https://github.com/sphinx02/AppStarter/releases

ランチャーの置き換え手順

FireTVの「ADBデバッグ」有効化

FireTVのホームから「設定」→「My FeTV」」→「開発者オプション」と進み、
「ADBデバッグ」の上で決定ボタンを押し、「オン」と表示されていることを確認してください。

amarec (20180106-162736)

アプリをインストール

Apps2Fireで「LauncherHijack」と任意のランチャーをFireTVにインストールしておきます。

FireTVにアプリを遠隔インストールできる「Apps2Fire」の使用方法
FireTV(Stick)にAPKをインストールするのに便利なAndroidアプリ 「Apps2Fire」の導入方法と使用方法を簡単に紹介します。

IPアドレスを調べる

「Launcher Hijack」にはユーザー補助の権限が必要なのですが、FireTVの場合は設定項目が隠されているため、ADBコマンドでの設定が必要となっています。

まずはじめに、FireTVのIPアドレスを調べる必要があります。

FireTVの「設定」→「My FireTV」→「バージョン情報」→「ネットワーク」と表示すると右側に「IPアドレス」が表示されています。

コマンドを入力

次にWindowsパソコンを使用します。
WindowsキーとRキーを同時押しし、表示された入力窓に「cmd.exe」と入力し「OK」をクリック。

コマンドプロンプトが起動します。

以下のコマンドでFireTVに接続します。
「192.168.x.x」の部分は先程のIPアドレスを入力します。

adb connect 192.168.x.x

次に以下の2つのコマンドを入力

adb shell settings put secure enabled_accessibility_services com.baronkiko.launcherhijack/com.baronkiko.launcherhijack.AccServ

adb shell settings put secure accessibility_enabled 1

※画像はPowerShellですがコマンドプロンプトでもほぼ同様に表示されます。

Launcher Hijackの設定

最後にFireTV側の設定です。
ホームボタンを長押しし、「アプリ」を選択します。
amarec (20180106-171157)


次にアプリ一覧が表示されるので、ドロイド君のアイコンのアプリ「Launcher Hijack」を起動します。
amarec (20180106-171040)


すると、インストールされているランチャーが表示されるので
任意のものを選択します。今回は「AppStarter」を選択。
amarec (20180106-171048)

確認のダイアログが表示されるので、「OK」を選択

amarec (20180106-171053)

すると、このように指定したランチャーが起動し、
ホームボタンを押すとこのランチャーが起動するようになっています。
amarec (20180106-171529)

作業終了後は、ADBデバッグは無効化しても大丈夫です。
ただし、「Launcher Hijack」は残しておきましょう。

スポンサーリンク

プライムビデオの視聴方法

アプリ一覧に表示されている「FireTV Home」をタップするとデフォルトのホーム画面が表示されるのでそこからプライムビデオの視聴が可能です。

元に戻す方法

「Launcher Hijack」をアンインストールすれば元通りになります。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました