スポンサードリンク

Nexus PlayerにAndroid 8.0(Oreo)のROMを焼いてみた

Nexus Player
スポンサードリンク

つい2ヶ月前くらいにDTCP-IP対応アプリをディスプレイやテレビで使用するためだけに、
中古でNexus Playerを購入していたのですが、リモコンの動作がおかしく、
そのせいでAndroidTVが使いづらく、また、Android8.0の環境がちょうど欲しかったため、
Android8.0の通常のOSを焼くことにしました。
まあ元に戻すかもしれないんですけどね。

明らかに旬を過ぎた内容ですが、一応手順も載せておきます。

・Nexus Player本体+テレビ+HDMIケーブル

・MicroUSBケーブル

・PC

・OTGケーブル

・マウス(Bluetoothは×)
※できればキーボードもあったほうがかなり楽

必要なファイル

・ROM本体
https://mega.nz/#!OQhlVTbb!QxOzQZikHwZeV4rbVHqSNC2kqxGQUMYw4UdaN80XFbo

※このROMはfastbootからフラッシュするのでTWRPは不要ですので、
任意でどうぞ。

・TWRP(実際操作するにはマウス必須)
https://dl.twrp.me/fugu/

※このROMにはGooglePlayアプリが含まれているのでGappsのインストールは不要です。

スポンサードリンク



 

手順1.ブートローダーアンロック

※ブートローダーアンロックを行うとデータが全て初期化されます。

PCとNexus PlayerをMicroUSBで接続します。
また、Nexus Player側で、「USBデバッグ」をONにしておきます。
amarec (20180106-010055)

次に、コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力

adb reboot bootloader

するこのような画面になります。

amarec (20180106-010355)

次にこのコマンドを2回入力します。(一度目は失敗する)

fastboot oem unlock

成功していれば、「LOCK STATE – unlocked」に変わります。
amarec (20180106-010623)

手順1を行ったあとのコマンドプロンプトの画面はこのようになります。
キャプチャ

スポンサーリンク

手順2.ROMのフラッシュ

引き続きコマンドプロンプトに
fastboot flash boot 
と入力し(最後に半角スペースがあります。)そこに先程ダウンロードしたrarファイルから取り出した
「boot.img」をドラッグ・アンド・ドロップし、エンターを押します。

完了したら、同じくコマンドプロンプトに
fastboot flash system 
と入力し(最後に半角スペースがあります。)そこに先程ダウンロードしたrarファイルから取り出した
「system.img」をドラッグ・アンド・ドロップし、エンターを押します。

【任意】TWRPのフラッシュ
fastboot flash recovery 

と入力し(最後に半角スペースがあります。)そこに先程ダウンロードした
「twrp-3.2.1-0-fugu.img」をドラッグ・アンド・ドロップし、エンターを押します。

手順2を行ったあとのコマンドプロンプトの画面はこのようになります。
キャプチャ

完了したら、
fastboot reboot
で再起動します。

起動時に、Googleロゴの下に空いた鍵のマークが出ているはずです。
これはブートローダーアンロックされている印です。
amarec (20180106-012505)

 

手順3.リモコンのペアリング

標準のリモコンは「戻るボタン」と「ホームボタン」を同時に長押しでペアリングできます。
Nexus Player側は通常のAndroidの用に設定から行います。

私は訳あってFireTVStickに付属しているリモコンを使用していますが。
(↑これがこのROMをインストールした理由)

マウス+キーボードで使用する方はこの手順は不要です。

スポンサーリンク

完了

通常のAndroid端末として使用する場合はここで完了です。
amarec (20180106-020309)

amarec (20180106-020256)

amarec (20180106-020158)

私はRoot化したかったので、別途「Magisk」もインストールしました。
amarec (20180106-020350)

ROM自体はそこそこで実用的レベルです。
もちろん、GooglePlayのように画像まみれだと結構重たいですが。

インストールしたあとの起動直後に電源が落ちてしまったのですが、
ただ電源ケーブルが抜けかけていただけでした。

Antutu benchmarkのスコアを載せようとしたのですが、GooglePlayで非対応と表示され、
APKでインストールしてもクラッシュするので諦めました。

・元々の機能の追加
Chromecast built-inはもともと入っていますが不安定なため、
アップデートすることをおすすめします。
https://www.apkmirror.com/apk/google-inc/google-cast-receiver-android-tv/google-cast-receiver-android-tv-1-26-93139-release/google-cast-receiver-android-tv-1-26-93139-2-android-apk-download/

YouTubeアプリもAndtoidTV用のAPKを持ってくれば普通にリモコン操作で見れます。
https://www.apkmirror.com/apk/google-inc/youtube-for-android-tv-android-tv/youtube-for-android-tv-android-tv-2-01-04-release/youtube-android-tv-android-tv-2-01-04-android-apk-download/


・ちなみに
 なぜか一部アプリでストレージの認識ができないようで、
APKのダウンロードは「Firefox Focus」で行い、
インストールは、「Files」(日本語設定の場合:ファイル)というファイルマネージャを起動し、
そこからAPKのインストールを行いました。
もちろんADB経由でも可能です。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

Nexus PlayerAndroid 8.0/8.1(Oreo)
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄 質問・感想など何でもOKです。