スポンサードリンク

”Google検索”アプリの軽量版「Google Go」を試してみた

ブラウザ
スポンサードリンク

新興国向けとして、Googleが軽量版の検索アプリ「Google Go」を正式に公開しました。
とはいっても、日本のGooglePlayでは配信されていないため、
APKでのインストールになります。
日本語化自体はされており、今後日本でも正式に配信される可能性もあります。

スポンサードリンク

ダウンロード

APKMirror:Google Go: A fast, easy, fun way to search


※インストールする際は、

「設定」→「セキュリティ」→「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる必要があります。

使ってみる

インストール後、初回起動時には初期設定画面が表示されます。
初期設定と入っても2ステップしかない簡易なもので、すぐに使えます。

まずはじめはGoogleアカウントの選択を行います。
ログインしなくても使用できます。
af50d0a9

次は、言語の選択ですが、これはあくまで二つ目で、
日本語で使用する場合は「スキップ」をタップします。

image

これをセットアップが完了します。
とてつもなく簡単です。

これがGoogle Goのホーム画面です。
アイコンの並び替えはできなさそうでした。

image

左上のメニューマーク(三←こんなやつです)をタップすると設定が表示されます。
設定項目は少なめで、この横の「カスタマイズ」タブには、
GoogleGoのホームの壁紙設定ができる機能がありました。

image

とりあえず、「Android」と入力し、検索してみたところ。
アドレスバーが下にあるのはやはり使いやすい。
image

ちなみに音声検索はXperia Z3では使用できませんでした。
Xperia Z4 Tabletでは使用できたので、相性か、OSバージョンの違いによる不具合だと思われます。
image

ちなみに、Google Go内での音声検索は、「Google」アプリとは別に、独立した機能となっており、
Googleアプリを無効化してもZ4Tabletでは使えました。(Z3は相変わらず使えませんでした。)
image

 

「アプリ」といってもショートカット

Google Goのホーム画面には、アプリが幾つか表示されていますが、
これはいずれもWEBアプリで、例えば、Twitterをタップすると、
「Twitter」アプリがインストールされている場合、「Twitter Lite」が起動します。
ただし、Chromeの「ホーム画面に追加」でTwitter Liteを開いたときのように、

全画面にはなりません。
無題

「その他」をタップすると、利用できるアプリが表示されます。
単なるショートカットではありますが、数はかなり豊富でした。
image

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

ブラウザ
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄