スポンサードリンク

「Chrome Canary」に「広告ブロック」機能の項目が追加

ブラウザ
スポンサードリンク

つい先程「Chrome Canary」を最新版にアップデートすると、広告ブロック機能が追加されていました。
ただ、タブレットでは項目があったのですが、スマホの方ではまだ表示されていませんでした。

この広告ブロック機能は、悪質な広告を非表示にするのが目的のものなので、すべてをブロックするわけではない点は注意が必要です。
悪質な広告が貼られているサイトは広告がすべてブロックされると言われています。
詳細は以下にまとめてあります。

記事:Google Chromeの「広告フィルター機能」によってブロックされる広告の特徴/種類

とりあえず早速試してみました。

が、結論から言うとまだ使えなさそうでした。

スポンサードリンク

ダウンロード

名称:Chrome Canary

広告ブロック機能の確認

Chromeの設定を開き、「サイトの設定」→「広告」という項目があれば、既に有効化されています。

まだブロック機能は働いていない

日本のサイトのなかで広告まみれのサイトや、同様に広告まみれの海外の動画サイトなどにアクセスしてみましたが、
どれも広告ブロックはされていないようでした。
Googleによると広告ブロック機能の開始は、2/15とのことなので、まだ項目が追加されただけなのかもしれません。
ちなみに、この広告ブロック機能は、事前にサイトの広告を審査し、それに応じてブロックするか否かを決定しているため、審査がされていない場合、基本的にブロック機能は働かないものと思われます。
また、2/15というのは現地時間で、ブロック機能がスタートするのは海外のサイト限定の可能性もあります。
何れにせよ、早く通常版Chromeで使用できるようになって欲しいところです。

ちなみに、自分のサイトがどうなのか調べるには以下の記事にまとめてあります。

記事:自分のサイトがGoogle Chromeの広告ブロックの対象か調べる方法

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

ブラウザウェブ・HTML
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄