スポンサードリンク

Android版「Adguard」でhttps広告を画面ロック「なし」でブロックする方法

便利ツール
スポンサードリンク

タイトルからしてすごくマニアックですが、
自分にとっては結構重要な話題なので記事にします。


スポンサードリンク



追記:Android7.0の端末(qua tab px)ではこの設定をしなくても「なし」に設定できました。というよりそもそもバックアップPINでの解除機能自体が削除されたようです。
7.0以上の端末を使用されている場合はまず、ロックを設定したあと、
「なし」に設定できないか試してみてください。

スポンサードリンク

ダウンロード

まだインストールしてない人向け(公式サイト)
https://adguard.com/en/adguard-android/overview.html

設定方法

マニアックな内容なので画像なしで解説します

まずはじめにロック画面の設定を
「なし」
に設定しておいてください

Adguardを起動し、
Adguardの設定を開きます。

左の方の
「HTTPS Filtering」を選択後
「Install certificate」をタップし、手順通りに
証明書をインストール

ロック画面の設定を求められるので
パターンを選択(なんでも良いですが一応)
適当に設定します。
その後に求められる数字のコード(PINコード)を0000など、
わかりやすいように設定しておきます。

設定が完了したら、一度スリープにして、
ロックします。
パターンの入力画面が表示されたら
あえて違うパターンを数回入力してください。
(この時、必ず4点以上つなげるようにしてください。)
数字のコードの入力を求められるので先程の数字(今回は0000)
を入力してOKをタップすると、ロックの選択画面が表示され、
「なし」になっているので完了です。
そのままホームに戻るなどしてください。
その画面でロック画面を変更してしまうと、
もう一度この工程を行う必要があります。

持ち運ぶ端末では「なし」にしないように

Adguard使用/未使用にかかわらず外へ持ち運ぶ端末で
「なし」にするのはやめましょう
セキュリティ的にヤバイので
この記事は家で使用する、いわば「タブレット」向けの記事です。
最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

便利ツール
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄