未分類

iPhoneとカーナビをBluetooth接続したら音楽を自動で再生する【YouTube Musicを使用する場合の設定手順】

スポンサーリンク

YouTube Musicでの手順もほとんど一緒なのですが、一つの記事にまとめるとややこしくなるので別記事にしています。

元の記事はこちらをクリック

説明不要の方はこちらをクリックすればオートメーションの中身を表示できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オートメーションの作成(YouTube Musicの場合)

「オートメーション」は、いわばマクロのようなものです。コレを設定することで、充電/NFCタグ等をトリガーにして様々な機能を実行できます。

「ショートカット」を開く

アプリ一覧から「ショートカット」を起動します。

アプリを開くとこの画面になるので、画面下部の「オートメーション」→「個人用オートメーションを作成」(あるいは右上の+)をタップします。

トリガー条件を指定

トリガーは「NFC」「充電器」のどちらか使用する方を選択します。

今回は充電の方をトリガーとしますので、「充電器」をタップし、「接続されている」を選択で「次へ」をタップ。

これでアクションを追加できるようになります。

スポンサーリンク

アクションの追加

次にオートメーションに内容を追加していきます。

アクションの役割は記事の最後で説明していますので、こちらでは省きます。なお、説明を比較的丁寧に行っております。オートメーションの最終的な中身もそちらに載せてあるので、説明が不要な方はそちらをどうぞ。

「待機」の追加

まずはじめに「待機」を追加します。

アクションを追加」をタップし、「待機」と検索して「待機」をタップ。

最初の画面に戻り、「待機」が追加されていますので、「1秒」の部分をタップします。以下のようにボタンが出てきますので、+4回押して「5秒」にすればOK。

「再生出力先の設定」を追加

まだまだあるのでどんどん追加していきます。

2個目以降のアクションを追加するには画面下側を上にスワイプします。

次に「再生出力先を設定」を追加します。「再生出力先」などで検索して「再生出力先を設定」をタップ。

次に、標準ではiPhoneで再生に設定されてしまうので、車のオーディオに置き換えます。「iPhone」をタップし、一覧から車のオーディオを選択します。
一覧に車のオーディオ機器が表示されない場合、実際に車にて接続後、再びこの画面で設定を行うことで選択可能となります。

「現在の曲を取得」を追加

「曲を取得」と検索し、して「現在の曲を取得」をタップします。これでOK。

「ミュージックの詳細を取得」を追加

次に再生中の音楽の情報を取得できるようにします。再び+ボタンをタップ。

「ミュージックの詳細」と検索し、「ミュージックの詳細を取得」をタップします。

「"アーティスト"を"現在の曲"から取得」となっていると思いますので、「アーティスト」をタップし、「トラック番号」の置き換え。

IF文を追加

再び+ボタンを押し、「if」と検索し「if文」をタップして追加します。

追加されたら「条件」をタップし、「任意の値」へ変更します。

「再生」を追加

次に「再生」と検索して「再生/一時停止」を追加します。

追加したら、「再生/一時停止」の部分をタップして「再生」に置き換えます。

変更したら、アクション自体をタップしたまま、「その他の場合」の下へ移動させます。

右のようになったらOK。

音楽再生のアクションの追加

Apple Musicと異なるのはここから。

「Play ~」を追加

まず再生したいプレイリスト等を追加します。

App」→「YouTube Music」→再生したいプレイリスト

「App」の欄に「Youtube Music」がない、あるいは、再生したいプレイリストが表示されていない場合
・この場合は、「YouTube Music」アプリを起動して、実際にそのプレイリストを再生します。その後、一度オートメーションを保存し、ショートカットアプリを一度再起動してから再度試してみてください。

「待機」を追加

次に「待機」と検索して「待機」を追加します。

「順方向にスキップ」を追加

カテゴリ」→「メディア」→「順方向にスキップ」と選択します。

順序を変更

先程の3つのアクションを長押しし、「if文」の「その他の場合」の下へ移動します。

これで完了です。

スポンサーリンク

オートメーションの保存

これでオートメーションの作成は完了しましたので保存します。

戻る」をタップし、「実行前に尋ねるのチェックを外し、「完了」をタップ。

「実行前に尋ねる」のチェックを外すのを忘れないようにしましょう。

これで設定が完了しました。

実際の動作

実際に車でBluetooth接続+MagSafeで充電を開始した映像です。問題なく自動再生されました。

※動画はApple Musicのもの

ちなみに、動画ではロックを解除した状態で実行していますが、画面が消えていてもロック状態でも自動で再生が可能です。

実行時の「通知」を消す方法

ショートカットは実行時に通知を表示します。そして、今回のオートメーションは仕様上、充電をするたびに通知が大量生産されます...。

ということで、放置しているとこんな感じになってしまいます。

ニャンちゅう

これはひどいw

「ショートカット」はiOS純正アプリとなったため、本来通知を消すことはできないのですが、iOSの機能「スクリーンタイム」を使用すれば非表示にすることができます。

スクリーンタイムで非表示に設定する

この設定を行う前に、何度かショートカットアプリの通知を表示させておく必要があるので注意してください。

設定」→「スクリーンタイム」をタップし、「すべてのアクティビティを確認する」をタップ。

少し下にスクロールすると「通知」欄がありますので、「表示を増やす」、またはグラフをタップ。

あとは「ショートカット」をタップし、「通知を許可」のチェックを外せばOKです。

以下のように「ショートカット」が選択できない場合

・上記のように、矢印が表示されず、選択できない場合は、スクリーンタイムの設定を開き直したり、再起動をしてみたりなどをしていると何かの拍子に選択できるようになります。
なお、この通知設定はiOSのアップデートを行うと有効に戻ってしまうようです。アップデート後は再度無効化しましょう。

アクション一覧 & それぞれの役割

アクションはそれぞれ以下の役割があります。以下の画像にまとめていますので、ご自身の好みでカスタマイズしてみてください。

※画像をタップ/クリックで拡大できます。

自動再生されない場合

オートメーションが実行されたにもかかわらず、自動再生が始まらない場合、「YouTube Music」のタスクを切っていないか確認してください。

アプリを完全に終了させてしまうと、「ショートカット」から呼び出しても再生を行ってくれない場合があります。停車時はエンジンを切れば再生が止まりますので、タスクはそのままにしておきましょう

そもそもiOSは基本的にタスクを切る必要はないです。iPhone 11以降はRAMが4GB以上なので特に。

待機時間の調整

オートメーションの最初に設定している5秒の待機時間ですが、この時間は機器・環境によって調整が必要な場合があります。そもそもこの待機時間は、「充電」or「NFCタグの認識」を行ってから「Bluetooth接続完了」までの時間以上となる必要があります。

基本的に5秒あれば十分だとは思いますが、再生が安定しない場合は時間を少しずつ増やしてみてください。

ちなみに、私の以下の機種・環境では3秒に減らしても安定して自動再生できています。

車種RAV4 Hybrid G
(2020年マイナーチェンジ後)
ナビ・オーディオ純正ディスプレイオーディオ
(標準装備/ナビなし)
スマホiPhone 13 Pro/iPhone 12 Pro
iOSバージョンiOS 1415.0.3まで確認
トリガーMagSafe充電
音楽アプリApple Music

その他

オートメーションを同じように設定して、かつ、タスクが残った状態で再生が始まらない場合は、以下を記載の上コメントへお願いします。

  • 機種名
  • iOSバージョン(iOS15.0.3 のように小数点以下まですべて)
  • 使用したトリガー(充電 or NFCタグ)
  • 使用した音楽アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアしませんか?
記事の更新を受け取れます
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました