様々なデバイスに「Android Q」(β)を焼けるGSIが非公式に登場したので焼いてみた

GSI(Generic System Image)
スポンサードリンク

4/5にAndroidの次期バージョンである「Q」のベータ版がTreble対応デバイス向けにリリースされました。しかし、これは起動条件が厳しく、手持ちの端末では起動しませんでした。

ただ、諦めがつかなかったので、「Erfan氏」の非公式版のGSIをインストールしてみました。
こちらはMi MIX2Sで起動することができました。

スポンサードリンク

ダウンロード

このGSIはAndroid 8.0以降のTreble対応デバイスであれば動作します。

https://mega.nz/#F!CYQxgCDK!Dl4kKANVDRy5kOFkNsuMVw

以下の赤丸の中から端末に応じてダウンロードします。

必要なファイル

「A-only」などがよくわからない方はこの記事より。

A-only

・Generic-A-only-Q-2019xxxx-ErfanGSI.img.7z
・FixZygote.zip
・Permissiver_v2.zip

A-B

・Generic-AB-Q-2019xxxx-ErfanGSI.img.7z
・Permissiver_v2.zip

インストール

先ほどダウンロードしたファイルのうち、「Generic-xx-Q-2019xxxx-ErfanGSI.img.7z」のファイルを7-zipなどで解凍し、中のimgファイルを取り出します。

TWRPからインストール

取り出したimgファイルと残りのzipファイルを端末にコピーし、TWRPから以下の順番でインストールするだけです。

A-only

1 . imgファイルを「System Image」でフラッシュ
2 .「Permissiver_v2.zip」をフラッシュ
3 .「FixZygote.zip」をフラッシュ

A-B

1 . imgファイルを「System Image」でフラッシュ
2 .「Permissiver_v2.zip」をフラッシュ

起動

Android 9.0のvendorの端末の場合、不具合はあまりない状態のようですが、Android8.1のvendorである「Mi MIX2S」ではランチャーが起動しないなど、常用には耐えない状態でした。
そのせいもあって新機能もあまり試せませんでした。

※アイコンが四角いのはXiaomiのvendorの影響です。他の端末の場合既存の丸いアイコンになります。

設定をいじっている上ではあんまり変わった感じはしないかなという感じ。
まあ、Android Qの新機能自体がマルチウィンドウの両方アクティブ化や、ダークモード、折りたたみ端末への対応などなのでしょうがないですね。

一応Trebleに対応していれば使えるので気になる方は試してみてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

GSI(Generic System Image)
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました