スポンサードリンク

スマホケースに貼り付けて使う「カードポーチ」を購入してみた

便利グッズ
スポンサードリンク

スマホケースには様々な種類があり、その中でも手帳型ケースには画面を保護できる他に、カードを入れるスロットがあるといった利点があります。しかし、分厚くなったりカメラとして使う場合に蓋がじゃまになったりするデメリットもあります。
そのため、手帳ケースは個人的にあまり好きではないのですが、最近はカード払いが多くなったため、スマホとカードを同時に持ち運びたい欲求が出てきました。
ということで、ケースそのままで使用できるカード入れのような商品を購入し、実際に1週間ほど使用してみました。

スポンサードリンク

購入した商品

・Sinji Pouch Basic 2(ホワイト)
価格:850円

Amazon限定 スマートフォン ポケット シンジポーチ Suica Pasmo Toica Manaca Icoca など 非接触ICカード を入れるなら必須のエラー防止シート付属 国内モデル 販売元が エラー解消まで サポート iPhone/Galaxy / Xperia などに Sinji Pouch Basic 2(ホワイト)
・サイズ:56×90×2(mm)・重量:6g・素材:スパンデックス・エラー防止シート サイズ:約85×53(mm) 重さ:約4g

付属品

・ポーチ本体(あとから撮ったので既に貼ってある状態です。)
・エラー防止シート
・エラー防止シートについての説明カード

エラー防止シートはSuicaなどの非接触ICカードを入れて使用する場合に使用します。
買ってから気づいたのですが、このシートなしのオプションも有り、94円安いです。

貼り付けは簡単

画像がなくて申し訳ないのですが、3Mのテープが全面に貼り付けられており、場所決めさえしっかりしておけば簡単に貼り付けれます。
また、数回程度なら貼り直せます。

スポンサーリンク

実際にカードを入れてみた

私が最近携帯しているカードの中で特に使用頻度(または重要度)が高いカード三枚を入れてみました。
・WAONポイントカード
・運転免許証
・デビットカード

3枚入れても十分余裕があります。枚数自体はそこそこ入ると思いますが、実用的なのは5枚程度かなと思います。

「白」を選ぶ際の注意

今回購入したのは画像の通り白なのですが、かなり汚れが目立ちます。
私自身、常に手は頻繁に洗うほうだと思っていますが、やはり常にきれいとは言えないので、その汚れが付着し茶色っぽくなります。
(ピントがあってなくて分かりづらいですが、端の部分が茶色くなっています。)

この商品はかなり多くのカラーバリエーションが用意されており、ケースの色に合わせる場合でもできるだけ暗めの色を選んだほうがいいと思います。

スポンサーリンク

キャッシュレス派にピッタリ

私自身、軽く外出する際には財布とスマホをポケットに入れて持ち運んでいましたが、それがスマホだけでになりました。
しかも、カード払いだとポイントが付くので少し得した気分にはなります。

ただし、持ち運びには注意が必要で、入れるのは少額の入ったプリペイドやデビッド等までにしておいたほうがセキュリティ上よろしいかと思います。

100円ショップ「Seria」にもあります!

今回のものは800円ほどですが、Seriaでも似たような商品があり、もちろん108円で購入できます。
カラーバリエーションも同じように多いです。
実際の使用感はまだ貼っていないのでわかりませんが、表面の部分は伸縮性があるので十分快適に使えそうです。

最後までお読み頂きありがとうございます。
下にコメント欄がありますので、感想や質問、気づいたことなど気軽にどうぞ!
また、この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。

関連記事

便利グッズレビュー
SMART ASWをフォローする
スポンサードリンク
SMART ASW

コメント欄