【v1809~】Windows 10で”検索機能を残して”「Cortana」を削除する方法

Windows
スポンサードリンク

以前記事を書いてから未だにアクセス数を稼いでくれているCortana削除の記事ですが、今まではCortana削除をすると検索機能が使えなくなるというイマイチなポイントがあったのですが、Windows10の最新版である”1809″からはCortanaを削除しても検索機能が使えるようになりました。今回はその方法を紹介します。

とはいっても手順は全く同じです。
が、削除後にアイコンが残ることに関して説明を入れたほうが良さそうということで別の記事にしてみました。

スポンサードリンク

以前のバージョンとの相違点

Windows 10 1803ではCortanaを削除すると、Cortana及び検索機能が削除されましたが、1809からはCortanaのみが削除されます。要は検索機能は残るのですが、この検索機能はCortanaの一部でもあるようで、Cortanaが削除されてもアイコンは消えません。
また、タスクマネージャにも表示されます。ただし、音声アシスタントのサービスに関しては「中断」と表示されており、無効化されています。

この状態でスタートメニューの「Cortana」を起動するとCortanaがない状態の検索機能が起動します。また、設定の「Cortana」の項目もなくなっています。

ダウンロードするもの

Uninstall Cortana

Downloads / Other / Uninstall Cortana for Windows 10

このリンクの「Download Uninstall Cortana for Windows 10」をクリックしてダウンロードします。

手順

Windows10が最新版であるか確認する

この記事と同じ状況にするためには1809以上のバージョンである必要があります。

バージョンの確認は「設定」→「更新とセキュリティ」→「ビルド情報」から確認できます。

更新する場合は同じく「設定」→「更新とセキュリティ」を開き、「更新プログラムのチェック」をクリックします。
※まだ配信開始直後のため、場合によってはまだ更新できない場合があります。

Cortanaの削除

ここからは以前と同じです。

※管理者権限を使用します。そのため、管理者としてログインしてください。

1.ダウンロードしたファイルを解凍します。

先程ダウンロードした「Uninstall_Cortana.zip」をダブルクリックすれば
エクスプローラ等が開きますので、中の2つファイルをデスクトップなど
同じ場所にコピーしてください。(ドラッグ&ドロップ)

2.「Uninstall_Cortana.bat」を管理者権限で実行

ファイルを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
管理者

以下のような警告が表示された場合は「はい」を選択します。
a

後は、勝手にやってくれます。
処理が終了すると、以下のような画面になりますので、指示に従って再起動します
キャプチャ

スポンサーリンク

Cortanaを起動して確認

1809になってから削除してもアイコンは消えなくなりました。まあこれはただの「検索機能」と考えて木にしないようにしてください。

するとCortanaのいないスッキリとした「検索」が表示されます。

削除前削除後

もちろんこの状態でもタスクバーの「検索」は機能し、「Cortana」アイコンをクリックした場合と同じようにシンプルな検索画面になります。

タスクマネージャではプロセスは残っているものの中断となっており、停止されている事がわかります。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました