【Root】「Substratum」でアプリに非公式のダークテーマなどを適用する方法

カスタマイズ
スポンサーリンク

「Google Play」などのダークテーマ非対応のアプリに非公式のダークテーマ、ブラックテーマなどを適用できる「Substratum」の導入方法です。

スポンサーリンク

ブートループに注意

SubstratumはシステムUIなど、広い範囲にテーマを適用できますが、バージョン違いやOSのUIの違いによりテーマが正常に動作しない場合があり、
システムUIなどがクラッシュした場合、最悪ブートループになるので注意しましょう。

ダウンロード

Substratum本体

substratum theme engine - Google Play のアプリ
This supports Android Oreo without root, using Andromeda! If you have root, everything should work out of the box except on Samsung! Support chat: (#support...

テーマ・スキンパック

今回は以下のものを用いています。190円です。

Swift Black Substratum Theme +Oreo & Samsung theme - Google Play のアプリ
Swift Black is a Substratum theme with 200+ handcrafted overlays, using pitch black for the backgrounds and preserving the apps original accent and primary colo...

探せば無料のものも結構あるので「Substratum theme」などで検索しましょう。

初期セットアップ

「Substratum」を起動するとチュートリアルが始まるのでサクサク進めていきます。
メイン画面が起動したら、インストールしたテーマを選択します。今回は「Swift Black」です。

テーマのインストール

スキンにもよりますが、Androidのバージョンを選択する必要がある場合があります。
リストにない場合は「AOSP」や「Pixel」を選びましょう。

テーマの画面に表示されているアプリは、端末にインストールされているアプリの中でテーマが対応しているアプリです。

テーマをインストールしたいアプリにチェックを入れ、右下のオーバーレイしそうなボタンをタップ。
「Build & Install」をタップします。

テーマの適用

インストール後は一度端末を再起動します。

再起動後、再度Substratumを起動し、テーマを選択し、テーマをインストールしたアプリにチェックを入れ、右下のオーバーレイしそうなボタンをタップ。
その中から「選択された項目を有効化」をタップします。

これで完了です。

スポンサーリンク

Google Playに適用した場合

適用前

Swift Blackの適用後

対応アプリはアプリ詳細から確認可能

テーマの対応アプリはたいていGooglePlayの詳細に表示されています。
「Swift Black」の場合はこちらから確認できます。

Swift Dark\Black Apps List

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました